フランスでベストセラー! 世界22ヵ国で翻訳! いい人間関係を長く続けるコツは、猫に学べば間違いない!

写真拡大

多数の仏メディアで話題となった全仏ベストセラー
世界22ヵ国で翻訳された猫に教わる人生指南書の日本語版『猫はためらわずにノンと言う』がこのたび遂に刊行された。
他人の目は気にせず、決して媚びず、欲しいものは欲しいと言い、プレッシャーに屈せず、エレガントで自信に満ち、ひとりでも平気……子猫の時に事故にあい、左前足を失くした猫ジギーが、そんなハンディキャップをものともせず、むしろ「それが何か?」と気にもかけずに振る舞う姿は、常に他人の目を気にして、何かに追い立てられ、せわしく動きまわっている人間たちに、自分らしく生きるために本当に必要なことは何かを伝える本書から、一部抜粋して紹介する。
猫を飼っている人、猫好きな人だけでなく、猫のように、そこにいるだけで自然と一目置かれる存在になりたい人にも役に立つ!
何気なく見ていた猫たちの日常の仕草には、猫だけが知る深い人生哲学が込められていた!明日から、猫を見る目が変わります。

猫があなたに約束してくれることと

もしあなたが猫の愛情にふさわしいなら、猫は友人にはなるが、奴隷にはならない。
(テオフィル・ゴーチエ/詩人、小説家、劇作家、評論家)

 もし猫があなたを友人だと認めたら、猫はそのまま一生の間、誠実な友でいてくれるだろう。
 そして毎日、小さな鳴き声とともにあなたの様子を見に来て、愚痴を聞いたり、慰めたりしてくれるに違いない。あなたのためにいつもそばにいてくれるのだ。

 猫が人に示す忠実さや献身、優しさ、友情などをお手本にして、そっくりそのまま真似してみればどうだろう。あなたの友人とのつきあいは、もっといいものになるかもしれない。
  こんなふうにいつも一緒にいたり、話を聞いてあげたりできる友人はいるだろうか。
 自分の生活や状況が変わったために、せっかく長い時間かかって築き上げてきた友人との関係に、知らず知らずのうちに距離ができてしまったことはないだろうか。

 たとえばあなたに恋人ができた時、はじめのうちは夢中になって周りの友人のことなんか何ヵ月も忘れてしまうことがあるかもしれない。
 そんな時でも周りの人があなたのことをよく理解してくれていて、あなたもその人たちと、しっかりした、いい関係が続いていたのなら、少しぐらいは待ってくれるものだ。そしてしばらくして恋愛の最初の時間が過ぎ、少し落ち着いた頃、また元通りの友人関係に戻っていくことができる。

 その一方で、新しい恋愛に夢中になるあまり、長い間一緒にいた友人たちと絶縁してしまおうとすることだってないわけではない。
「あの人に彼氏ができてから、もうずっと会っていない」
 こんな言葉を言ったり聞いたりしたことはないだろうか。
 仲のよかったはずの友人の利己主義にがっかりした人は、見捨てられたとか裏切られたと思うものだ。

 猫の友情は偽りも計算もなく、最初から最後の日まで続くものだ。
 ずっと続く変わらない友情というものについて、猫から学ぶべきところは多い。

 ほかの人からしてもらったことやかけてもらった言葉をすぐに忘れてしまって、何事もなかったかのように、また猥雑な日常に精一杯になってしまう私たちは、友情を忘れない猫に比べて「人間性」に欠けているのではないかと思うこともある。

 友情を捨ててでも恋愛に夢中になることは、それが世間でいう「身を固める」ためだったとしたら、打算だ。他人の目を気にして計算ずくで友情を捨てたことになる。
 そんな人はきっと、その恋が終わってしまった時、慰めてくれるはずの友人がもう誰もいなくなっていることに焦るだろう。

友人は一生の宝物だという。
長く続けたいなら、
手入れを欠かさず
いつも大切にしよう。

何があったとしても、
友情を裏切るなんて、
猫なら絶対にしない

人間が文明を手に入れたのは、猫を理解するためだ。
(ジョージ・バーナード・ショー/文学者、脚本家、政治家、教育家)