笑顔でギターをかき鳴らしていくKO-SHIN

写真拡大

2017年12月28日〜31日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催された国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」。12月28日の初日に出演した、パンクロックバンド・WANIMA(ワニマ)の様子をリポートする。

【写真を見る】満面の笑みで次々の曲を披露していくKENTA

「JUICE UP!!のテーマ~OPENING」が流れ始めるとともに、元気よくWANIMAが登場。大勢の観客が詰めかけて超満員になったホール内を見渡すように、ボーカル・ベースのKENTAがいつものハイテンションでステージの端から端まで笑顔で走り回る。その勢いは止まらずに、今度はカメラに向かって満面の笑みでピース、さらにはカメラを激しく揺すり、観客を笑わせた。

KENTAが「熊本県出身、東京都在住、WANIMAです!」と恒例のあいさつをしようとすると、「開催しまーす!」と大勢の観客が待ちきれんばかりに叫びだす。期待に応えるように、WANIMAはすぐさま「オドルヨル」でスタートを切り、観客からは歓喜の声が上がる。

ホールはたちまちダンスフロアと化し、最後のサビに差し掛かる前にKENTAがステージの端から端までを走りながら「オドル! オドル! オドル!」と「オドルヨル」と歌うところを溜めながら何度も繰り返し、観客を煽ってみせた。観客からも「オドル!」のリフレインが巻き起こり、ようやくサビに入ったところで、観客も大合唱する展開に。

そして「つづくもの」でも、WANIMAは天真爛漫っぷりを発揮。KENTAが再びステージの両サイドを走り回りながら歌うパフォーマンスを披露した。これには観客もさらにヒートアップ。

MCでKENTAは「えー、とうとうWANIMAと皆さんの年末がやってきた! もう今日はですね、みなさんと忘年会ということで。今のこの時間、一番熱くできる人いますか?」と尋ねると、あちこちで「はーい!」と元気よく返答が。すると、KENTAはうれしそうに「張り切っていきましょうか! 中盤戦!」と声を掛け、観客からは再び「開催しまーす!」の叫び声が上がった。

そして「いいから」でブレイクアウトし、観客からも大合唱が沸き起こる。KENTAは「今年一年全然いいことなかった人? 今年一年めちゃくちゃ気まずい思いした人?」と観客に再び尋ね、早めのカウントダウンを行う一幕も。

続く、アンセム「THANX」でも、再び大合唱が巻き起こった。KENTAが「日本でいちばんWANIMAが好き」と一部アレンジして歌うと、観客は一段とうれしそうな表情を浮かべ、合唱もさらに大きくなる。

KENTAが「新しくアルバム出す曲、歌っていいですか?」と声を掛けると、ドラマ「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)の主題歌となった「ヒューマン」を歌い始めた。逆境にも負けじと前向きに歩もうとする力強い思いが込められた歌詞に、しみじみと浸る観客も。

携帯の光を掲げるよう指示し、観客がゆっくりとライトを振る美しい景色を送り届けると、KENTAは「紅白とかテレビとかたくさん出ますけれど、たくさんの人に見てほしくてやっています」と思いを明かした。

その後も2017年を振り返りながら「アイドルの人とか、すごい足の長いモデルの人とかとも一緒になったんですけど、それでわかったことがあって。やっぱりバンドマンって格好良い!」と満面の笑みでコメントした。歓声が沸き起こる中、「みんなと共に来年も生きていくつもりなので、みんなも共に生きてください!」と「ともに」へ繋げていく。

次の「これだけは」では、「また来年も(COUNTDOWN JAPANに)出るかもね」とアレンジして歌い、観客を沸かせた。気付けば、辺りは飛び跳ねていない人はいないほどの熱狂した大勢の観客であふれていた。

KENTAの「まだ時間あるって! 今年最後の!」と最後に「Hey Lady」を披露し、「来年もよろしくお願いします! WANIMAでした!」と笑顔を絶やさずに締めくくった。

その日のWANIMAの公式Twitterでは、「【COUNTDOWN JAPAN 17/18】集まってくれた皆様にTHANX!! rockin'onにBIG UP!! 次はいよいよ… 第68回NHK紅白歌合戦!! ともに…よろしくお願い致します!!」とWANIMAらしさ全開のコメントを残している。(ザテレビジョン)