この日も黒い衣装で決める、“ツナ”こと古賀隼斗。ギターを力強くかき鳴らしていく

写真拡大

2017年12月28日〜31日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催された国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」。12月28日に出演した、ロックバンド・KANA-BOON(カナブーン)は、エネルギッシュな楽曲とトーク力で会場を沸かせた。

【写真を見る】疾走感のある曲を次々と披露し、会場を沸かせる谷口鮪

ボーカル・ギターの谷口鮪が「こんばんは! 皆さん元気ですか?」とあいさつをしながら、いきなり疾走感のある「フルドライブ」を披露し、一気に会場をダンスフロアへと持ち込んだ。

その後もキラーチューン「ディストラクションビートミュージック」で畳み掛けていく。葛藤やいら立ちと戦うKANA-BOONの様子が描かれる、2017年にリリースされた最新アルバム『NAMiDA』に収録されている同楽曲。今やすっかりライブでおなじみの曲として定着してきている。

続いて、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」(TBS系)第2期のオープニングテーマにも起用された「Fighter」を演奏。「戦場での一瞬の輝き」がテーマとなっている、KANA-BOONの熱い一面が詰め込まれた力強さで会場を沸かせた。

観客からの拍手が鳴り響く中、谷口は「ありがとうございました。COUNTDOWN JAPAN楽しんでいますか?」と観客の温度を確かめ、「この会場入るとき、『ROCK STAR ONLY』って書かれている看板の下を通ってくるんで、俺たち止められたりせんかな?ってちょっと不安だったやけど、無事に入れて(笑)。ボン・ジョヴィみたいな顔して入ってきました(笑)」と観客を笑わせる。

その後も「『ROCK STAR』って言われてもさ、今日このあとガス代と水道代を払いに行かないといけないし(笑)」とリアルなトークも交えながら、「このステージだけでも『ROCK STAR』でいたいと思うので、よろしくお願いします!」と会場を盛り上げた。

そして、次曲「涙」を披露。爽やかなメロディーに切ない歌を乗せ、ホールをしっとりとしたエモーショナルな空間へと染め上げた。その後は、最新アルバム収録曲から打って変わって初期の頃の楽曲「結晶星」へ。

さらに、同じく初期の頃の楽曲となる「盛者必衰の理、お断り」を演奏した。無常観への抵抗を描き、鐘をつく音や、寿限無も取り入れる遊び心があふれたアッパーチューンな曲に、踊りだす観客も。途中、谷口が「幕張〜!」と叫ぶ一幕もあり、会場は大いに盛り上がりを見せた。

MCで谷口は「どうですか? 皆さん悔いのない2017年を過ごせましたか?」と尋ね、「今年はいろいろなことがあった1年でした」と自身の1年間を振り返った。試練の話の他、最新アルバム『NAMiDA』について話す。

そして、KANA-BOONが敬愛するロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONの結成20周年を記念して作られたトリビュートアルバムに参加したことをうれしそうに話すと、「今日はちょっとレアな曲をやります。ステージで演奏するのは高校の軽音楽ぶりで。文化祭のとき以来かな?」と当時の思い出を振り返りながら「君という花」のカバーを披露した。

沸き起こる拍手の中、谷口は「ありがとう、緊張した。ありがとう、アジカンには内緒やで(笑)」と何度も感謝の気持ちを口にし、「KANA-BOONに戻ります(笑)。シルエット!」と「NARUTO -ナルト- 疾風伝」(テレビ東京系)オープニングテーマに起用された同楽曲を披露した。

初めてアニメタイアップを果たし、夢をかなえたKANA-BOON。自分たちの背景をそのまま投影したこの楽曲に、谷口とベース・飯田祐馬は屈託のない笑顔を演奏中、終始浮かべていた。観客も楽しそうに体を揺らし、谷口は「どうもありがとう! 来年で5周年です! 来年もどうか楽しみにしていてください!」とあいさつし、会場を沸かせる。

そして、ラストとなる「バトンロード」へと持ち込んだ。一度立ち止まり、立ち位置を再確認した上で、新たな目標へと進んでいく決意が描かれた楽曲は、アニメ「BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS」(テレビ東京系)でもオープニングテーマとして起用された。

谷口は「ありがとう! KANA-BOONでした!」という言葉で締めくくり、その日のオフィシャルTwitterで「今年のCDJ、トリビュートでもカバーしたアジカンの君という花を演奏しました。高校の軽音楽部時代にずっとやってた曲をEARTH STAGEでやるなんて、当時の自分は絶対信じないと思う。楽しくて感慨深いライブでした。緊張したけど。笑 観てくれたみんなどうもありがとう!」とコメントしている。(ザテレビジョン)