ギターをかき鳴らす柳下“DAYO”武史

写真拡大

2017年12月28日〜31日の4日間、千葉・幕張メッセにて開催された国内最大の年越し音楽フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 17/18」。インストジャムロックバンド・SPECIAL OTHERS(スペシャル・アザース)は、12月28日に出演した。

【写真を見る】グルーヴィーな音色を奏でる又吉“SEGUN”優也

楽曲に歌が入っていないインストゥルメンタルにこだわり、そのスタイルを貫き通しているバンド、SPECIAL OTHERS。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文ら、他アーティストとのコラボレーションも展開している。

そんなSPECIAL OTHERSは、「TRAVELING GARGOYLE」でスタートを切った。この楽曲は、2017年にリリースしたストレイテナーのトリビュートアルバムに収録されている。“コラボイヤー”として活動した2011年にも、ストレイテナーのホリエアツシとのコラボレーション曲を発表しているだけに、SPECIAL OTHERSにとって感慨深い曲であるに違いない。

次に、芹澤“REMI”優真が奏でるキーボードのリフレイン(繰り返し)が特徴的な「AIMS」を披露。やさしさが感じられる、爽やかなサウンドがホールにのびやかに鳴り響くと、たちまち歓声が沸き起こる。グルービーな音色に、観客は心地よく踊っていた。

続けざまに、音のうねり方に個性があるキラーチューン「PB」を投下。次々と変調していくサウンドは、次の展開を予測させない。そしてそのまま、ホールを目くるめく世界に包み込んだ。

観客は、思い思いに体を揺らす人が続出する。疾走感のあるリズムパートで手を叩く人や、曲に合わせて手をヒップホップ調にあげる人も。前方では、激しく体を揺さぶる人の姿も見受けられた。

曲を演奏し終えると、芹澤は「どうもありがとうございます。SPECIAL OTHERSです。みなさん準備はいいですか? 3!2!1!ハッピーニューイヤー!」とカウントダウンをフライングし、観客を笑わせる。

その後も芹澤が「明けたね、明けたね〜。みなさんにとって良い年となるよう、今年も祈っております」とトークを続けると、「このバンドは誰もツッコミの人がいないので、これだとこのまま続いてしまいますよ(笑)」とドラムの宮原“TOYIN”良太が指摘する。

ここで宮原は話を変え、「野音は抽選が全然当たらないので、久しぶりなんですよ」と春に決定したワンマンライブの告知を切り出す。芹澤も「まるでフェスに行ったような満足感が、フェスより安い値段で得られる我々の野音ワンマンですから(笑)」と、広がるようにトークを繰り広げる。

そして最後に、メジャーデビューを果たしたアルバムのリードトラック「IDOL」を披露した。駆け抜けていくようなサウンドでありながら、どこかノスタルジーを感じる同楽曲。一部アレンジを加えるも、メンバーとの息がぴったりそろった演奏に、オーディエンスからはすかさず拍手が沸き起こる。見事なあうんの呼吸のパフォーマンスに、変わらないメンバーで長年歩んできた絆の強さ、固さを感じた瞬間でもあった。(ザテレビジョン)