「鉄道最前線」のうち、多く読まれた記事をランキング形式で紹介します(写真:tkc-taka / PIXTA)

東洋経済オンラインの大きな特徴のひとつが、「鉄道最前線」という独立コーナーを設置し、ほぼ毎日、鉄道に関するオリジナル記事を配信していること。今回、2017年に配信した鉄道最前線の記事のうち、多く読まれた人気記事「トップ20」をランキング形式で紹介する。正月休みのこの機会に、見逃した人気記事を、ぜひご一読いただきたい(カッコ内は記事公開日)。

20位 通勤電車の一等地「ドア横」巡る仁義なき戦い(7月25日)

通勤電車のドアの横に立っている人の荷物が、座っている人を直撃――。東武鉄道が作成したこのポスターに描かれているのは、日常的に見掛ける列車内の風景だ。ドア横のスペースと座席との間には、バーではなくボードが設置されている。だが、このボードのサイズもデザインも、実に中途半端だと思うのだが。

19位 終電後でも「乗り継ぎ」で帰れる裏技がある(5月10日)

終電を逃した後に、普段のルートよりも遠回りであっても、電車を乗り継いで帰宅できるルートを紹介する。たとえば、渋谷から武蔵浦和行きの埼京線は23時41分が最終だが、23時51分発の山手線で池袋駅に向かい、さらに埼京線、京浜東北線、武蔵野線と乗り継げば、0時49分に武蔵浦和に到着する。

18位 新駅で消える山手線「低すぎるガード」の秘密(6月8日)

山手線・田町ー品川間のほぼ中間地点に、高さが1.6mしかないガードが存在する。通り抜けようとしたタクシーが屋根の上の社名表示灯をぶつけて壊したことから、「ちょうちん殺しのガード」と称される。

17位 駅や列車で深刻化する「キャリーバッグ」問題(9月22日)

キャリーバッグを引いて歩く人が巻き起こすさまざまなトラブルは日本だけでなく、海外でも問題となっている。トラブルが最も多く起きる場所はもちろん「鉄道駅」である。ちなみに、トラブルを起こす人で最も多いのは、「小さな子ども連れの家族」。旅行中の親は子どもの世話で手いっぱいで、他人への気遣いまで頭が回らないのだという。

16位 「ドクターイエロー」引退の日が迫っている?(9月6日)

現在走っている黄色い新幹線「ドクターイエロー」の登場は2001年。ベースとなった700系は2019年度末までに東海道新幹線から退役するため、それと合わせて引退するのだろうか。

首をかしげたくなる「残念な」新幹線駅とは

15位 英国地下鉄、日本と違う「痴漢冤罪」への対応(7月20日)

電車内の痴漢はヨーロッパでも社会問題となっている。同時に痴漢冤罪も日本同様に問題となっている。ロンドンでは、被害者から訴えられた人を交通局スタッフがいきなり警察に引き渡すことはせず、訓練された専門チームが、被害者から証言を聞き取り、駅や電車内に設置されたカメラも活用して原因の究明に当たるという。

14位 渋谷の「駅と街」は40年でこれだけ変わった(9月17日)

東京の街でも、近年大きく姿を変えつつあるのが渋谷だ。かつては、7階建ての東横デパートの屋上と、山手線を挟んで4階建ての玉電ビル(現在の東急百貨店東横店西館)の屋上がゴンドラで結ばれていた。山手線を眼下に眺める空中散歩ができたのだ。

13位 本数や場所が不便・・・「残念な」新幹線駅10選(11月22日)

新幹線の駅と言えば、大都会の中心部にあってアクセスも良く、都市間移動なら航空機より使いやすいこともあり、それが新幹線の利点でもある。ところが、同じ新幹線の駅でも、首をかしげたくなるような不便なところに駅があったり、発着本数が少なく使いものにならなかったりする駅もある。

12位 ホームで焼肉!駅が「宿」だとこんなに楽しい(7月17日)

北海道・JR函館本線の比羅夫駅の駅舎には宿泊施設が設けられている。夕食は駅のホームで提供されるジンギスカン。

11位 なぜ「TX」でトラブルや不祥事が相次ぐのか(8月21日)

2005年に開業したつくばエクスプレス。乗客数は2倍に増えたが社内体制の整備が追いついていない。安全運行を続けるために、実効性のある対策を講じることができるか。

続いて、10〜1位を見ていこう。

10位 永遠に未完?「横浜駅」工事はいつ終わるのか(10月30日)

横浜駅はつねにどこかで工事が行われている。ある場所で工事が終わったと思えば、別の場所で工事が始まる。口さがない鉄道ファンは延々と工事が続く横浜駅をスペイン・バルセロナにある未完の教会になぞらえ、「日本のサグラダ・ファミリア」と呼ぶ。

9位 「乗り換えで歩く距離」が長い駅ランキング(5月17日)

大都市圏の乗り換え駅のうち、最も水平移動距離が長いのは渋谷駅のJR埼京線から東急東横線への乗り換えで、766.5m。上下移動では秋葉原駅でのつくばエクスプレスとJR総武線各駅停車の乗り換えが最も長く、48.6m。これはビル16階分に相当する。

8位 住みたい駅は「超意外」JR東の駅ランキング(9月9日)

昨年夏にJR東日本が実施した「みんなで決める!JR東日本1634駅ランキング」。住みたい駅のトップは2位以下に圧倒的大差をつけて大宮(埼玉県)という結果となった。ちなみに2位以下は柏(千葉県)、武蔵小杉(神奈川県)、蘇我(千葉県)、恵比寿(東京都)という順だった。人気の武蔵小杉を抑えての大宮1位。「鉄道の街」の面目躍如か。

7位 注意!これが「普通」より遅い「残念な快速」だ(1月18日)

快速は、各駅停車よりも速い。鉄道ファンではなくとも、鉄道を利用する方なら誰でも知っている当たり前のことだ。ところが、全国には普通よりも遅い快速や、途中の駅で普通に追いつかれてしまうという、快速の名前が台なしの列車が走っている。

6位 全男性が持っている「痴漢トリガー」とは何か(10月24日)

満員電車内での痴漢事件や痴漢冤罪トラブルが連日報じられている。被害者である女性が痴漢撲滅を訴える一方で、男性は痴漢冤罪問題に大きな関心を持つ。男性は「自分は痴漢をしないが、痴漢に間違えられるかもしれない」と考えているからだろう。しかし、「すべての男性が痴漢常習犯になる可能性がある」と世の男性に警鐘を鳴らす人物がいる。平凡な男性がなぜ痴漢行為に走り、やめられなくなるのか。

女性専用車両に「あえて乗る」男性とは?

5位 1位はどこ?全国「不審者出没」駅ランキング(12月26日)

2017年3月から10月末までに全国で発生した不審者事案のうち、出没エリアの近隣に鉄道の駅があったケースは全体の約4割で、多発する駅では期間内に最大で9件の不審者情報があった。「下半身露出」の不審者情報が最も多かったのは東武東上線の志木駅(埼玉県新座市)周辺と、東武スカイツリーラインの梅島駅(東京都足立区)周辺だった。

4位 あえて女性専用車両に乗る「男性の言い分」(9月21日)

女性専用車両に対する反対の意味を込めて、あえて女性専用車両への乗車を実践している人もいる。横浜市内に住む自称「ドクター差別」こと兼松信之氏。女性専用車両が登場したときから、その運用方法に異議を唱え、女性専用車両への乗車運動を続けている。

3位 「南武線スマホ紛失」海外の発見者は人生激変(4月7日)

日本の大学生がJRの車両にスマホを置き忘れてしまった。その車両はジャカルタに送られたが、現地の鉄道技師がスマホを発見、大学生に連絡した。この話は「南武線でなくしたスマホが海外にあったワケ」に詳しいが、今回は、鉄道技師のその後の話。テレビ出演するほどの有名人になってしまったのだ。

2位 男が知らない「女性専用車両」乗客の行動実態(9月20日)

男性不在の女性専用車両の車内はいったいどうなっているのか。女性筆者だから書ける実態。化粧品のにおいが充満し、座席でひたすら荷物整理を繰り返す女性もいるという。

1位 日本で「痴漢にされた」エリート外国人の末路(9月4日)

国際的な大手企業で重要な責任を担っている欧州出身のマイケルさん(仮名)。道徳心もあるし、人から信頼される人物でもある。なのになぜ、痴漢に間違われてしまったのか。

以上が2017年に鉄道最前線でよく読まれた記事のランキング。今年もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。