日本には乾布摩擦という民間療法がありますが、ドライブラッシングもそれと似た感じのカラダのケア方法として美意識の高い女性陣はすでに取り入れています。乾いたブラシでカラダをこする健康&美容法です。専用ブラシでコストも掛らず効果大だというこの方法について調べてみました。つやのある美肌づくり、代謝の良い体づくりに今年はドライブラッシングをはじめてみませんか。

期待出来る四つの効果

ドライブラッシングを1日数分継続するだけで、次のような効果があることが報告されています。

●血行が良くなる

食生活の乱れや運動不足、ストレスなどによって血流が悪くなると、肌荒れ、冷え性、肩こり、など色々な不調に陥る可能性がありますが、ドライブラッシングは血行促進効果があるため、これらの症状を予防するだけでなく末端の冷えにも効果的です。

●リンパの流れを良くする

リンパ系は細菌やウィルス、あるいはガン細胞などからカラダを守る大切なはたらきがあります。リンパの流れが滞ることによって毒素の排出がうまくいかず筋肉や関節の痛み、関節炎、むくみ、疲労感の壮大、など色々な症状が出てきます。体の表面をさするようなドライブラッシングはまさにリンパマッサージと似ていて、リンパの滞りやそれに伴う不調を予防します。

●セルライト除去

代謝の低下などによって皮下脂肪が溜まり、皮膚に引っ張られるように定着したボコボコ状のものがセルライト。お尻や太ももの裏など付きやすいですが、ドライブラッシングで老廃物を流し且つ血行を良くすることで、セルライトが付きにくくなります。セルライトを分解して流す効果も期待できます。

●古い角質の除去効果

古い角質を取り除くことで、肌にツヤが出て来ます。また角柱予防にもなります。

基本的なやり方

1、まずは足裏から軽く上に向かって、指先、足の甲、くるぶし、ふくらはぎ、膝裏へと進めます。

2、膝から脚の付け根に向かって行き、太ももの裏側も膝裏からお尻に向かって進めます。

3、お尻も下から上へ進めます。

4、お腹とウエスト周りも下から上へ進めます。お腹の部分に戻り、お腹で円を画くようにします。

5、胸の部分は鎖骨に向かって上に進めます。背中の両横は脇に向かって進めます。

6、鎖骨は首の辺りから脇に進めます。背中の中心部分は肩甲骨から今度は下に向かって進めます。

7、手は指先から脇に向かって進めます。最後に脇を入念にブラッシングします。

ドライブラッシングで注意する点

●カラダもブラシも乾いた状態で行います。お風呂の前にやります。

●強くこすらず気持ちいい感じくらいの強さで進めます。

●アトピーや皮膚の弱い方は様子を見ながら進めて、もし異常が感じられた即やめましょう。

●専用のブラシは馬毛、豚毛、あるいは植物素材を使用し、合成繊維は避けましょう。

以上ドライブラッシングについて見てきたわけですが、お肌のデトックスと言われ、手軽に低コストで出来るこの方法をぜひ試してみてください。もちろん継続は力なり。最低でも1ヶ月は継続してみてくださいね。


writer:Masami