バンタム級転向の意向を示している井上尚弥【写真 : Getty Images】

写真拡大

バンタム級転向の怪物、英雄パッキャオら世界的スターとともに米メディア注目

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は昨年12月30日、同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)を圧倒し、3回TKO勝ち。7度目の防衛を達成した。今年はバンタム級転向の意向を示しているが、海外メディアは2018年に実現が待望される「ビッグマッチ12戦」に、英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)ら世界的スーパースターとともに、井上のバンタム級のタイトル戦を選出している。

「Monster」のバンタム上陸に、海外メディアが早くも注目している。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」スペイン語版は「2018年に実現するかもしれない偉大な戦い」と特集。ファン待望のビッグマッチ12戦を選出し、井上が堂々と名を連ねた。

 WBA、IBF世界ヘビー級王者のアンソニー・ジョシュア(英国)対WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)、WBC世界ライト級王者のマイキー・ガルシア(米国)とWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)というチャンピオンの激突に続き、井上のタイトルマッチが3番目に登場する。

 相手はWBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)。日本ボクシング界にとっては因縁の男だ。

 寸評では「バンタム級へようこそ、ナオヤ。そして、スーパーフライ級ではまだ望んでいたものもあるだろうが、バンタム級にも2017年に鮮烈さを見せ付けた、間違いなく骨のある対戦相手が存在する。もし、大橋ジムとサンフェル・プロモーションズがビッグマッチを実現できるなら、間違いなく強打の応酬となる大一番になるだろう」と分析している。

ほかにパッキャオ―クロフォードら…日本人は井上のみ

 ネリは昨年8月のタイトル戦で山中慎介(帝拳)を下したが、試合前のドーピング検査で筋肉増強剤に似た性質を持つジルパテロールに陽性反応が出たことをWBCが発表。ネリ側は「禁止薬物はメキシコで食べていた肉に混入していた」と主張し、WBCは王座を剥奪しない代わりに山中との再戦を命じていた。

 再戦は今春に見込まれているが、特集では井上―ネリのタイトル戦を必見のビッグマッチに選出。他にも英雄パッキャオ―テレンス・クロフォード(米国)らスーパースターの激突を挙げていたが、日本人ボクサーで選出されたのは井上のみだから、いかに世界の期待が高いかが見て取れる。

 12月30日のV7戦では、不屈の闘志を示したボワイヨを3度ダウンさせ、3回TKO勝ちを飾った井上。勝利後には「自分自身、全然物足りない部分がある。来年バンタム級に行きたいと思います」などと語り、2018年のバンタム級転向の意向を示していた。

 バンタム級でも無敵の強さを見せてくれるのか。海外メディアも新たなモンスター伝説に早くも注目を集めている。(THE ANSWER編集部)