正直あまり好きじゃない…紅白なますはリメイクレシピで食べきる!

写真拡大

あっという間に2017年が終わり、2018年に突入しました。お正月といえば、数の子や伊達巻など、おせちを食べるのが日本の伝統になっています。「紅白なます」もそのひとつ。じつはこの紅白なます、不人気おせちともいわれることがあるようなのです。

紅白なますでレンコンきんぴら

ご祝儀などに用いられる水引に似ていることからおめでたいとされている紅白なますは、大根とにんじんの酢の物のこと。でもおせち料理って、様々な意味合いが込められていて、縁起の良いものですが、あまり得意ではない人って少なくないですよね。そこでとくに不人気といわれてる、紅白なますのリメイクレシピをご紹介します。

まずは、きんぴらのレシピから。

【材料】

・レンコン…100g

・紅白なます…120g

・ごま油…大さじ1

・薄口しょうゆ…小さじ1

・砂糖…小さじ1

【作り方】

1)皮をむいたレンコンを薄切りにし、水を入れたボウルにさらしておく

2)温めたフライパンにごま油を入れ、よく水気を切ったレンコンを炒める

3)レンコンに火が通ってきたら、水気を切った紅白なます、薄口しょうゆ、砂糖を加え、さらに炒めたら完成!

きんぴらにすれば冷凍してストックしておいたり、お弁当のおかずにしたりもできるので、たくさん余ったときには大量消費しやすくなりそうです。

和と洋のコラボ? 紅白なますトースト

おせちのひとつである紅白なますは、和食の代表ともいえますが、まさかのトーストにしちゃうレシピもあるんです!

【材料】

・食パン…1枚

・かつお節…1つまみ

・紅白なます…適量

・とろけるチーズ…適量

・オリーブオイル…小さじ1/2

【作り方】

1)食パンの上にかつお節と紅白なますをまんべんなく乗せる

2)さらにその上にとろけるチーズを乗せ、オリーブオイルを回しかけてトースト

“乗せるだけ”で和食が洋食に大変身。まさにリメイクレシピですよね。お好みで大葉などを散らしても良さそう!

紅白なますをエスニック風にアレンジ♪

ライスペーパーとお好みの具材だけ用意すれば、あっという間にエスニック風に早変わり!

【材料】

・紅白なます…お好みの分量

・ライスペーパー…紅白なますの量に合わせて

・魚介類や野菜など…お好みの分量

【作り方】

1)キャベツやレタスなどの葉物野菜があれば最初にライスペーパーに敷いておく

2)なますとその他具材を乗せて、ライスペーパーを少し濡らして巻く

おせち料理だった紅白なますが、パーティー料理にもなります。女子会やママ友会にもおすすめですよ。

不人気おせちがちょっとの工夫でまったく違う料理になります。そのまま食べるのは飽きた、作りすぎたというときには、アレンジレシピをぜひ試してくださいね。

(文・山手チカコ/考務店)