下馬評を覆すほどの人気となっている新型ホンダ・シビック。余談で恐縮ですが、1972年生まれのシビックと私は同い年なので、日本復活はなんだかうれしくなります。

さて、現行シビックの初期受注では、納車待ち1年のタイプRが15%、ハッチバックが60%、セダンが25%となっているそう。

今後、モデルライフが進むにつれてどうなるか分かりませんが、1/4がセダンですから国産セダンが不調の中、まずまずの比率といえそう。

シビックのセダンは、1.5Lエンジン+CVTのみ。173ps/5500rpm、220Nm/1700-5500rpmというスペックで、パドルシフト・7スピード付CVTとの組み合わせになります。

同じエンジン(スペック、チューニングは違う)を積むステップワゴンの走りからも想像できるように、1300kgの車両重量には十分といえるトルク感があり、山道でも予想以上に力強く走ってくれます。ステップワゴンは1700kg前後ですから約400kgも軽く、しかも23ps/17Nmの増強は伊達ではありません。

さらに、CVTの悪癖とされる回転ばかりが先に行ってしまい、加速が付いてこないというフィールはかなり抑制されています。

ハッチバックと比べると全長が130mm長いにも関わらず、ボディ後半の剛性感の硬さもあり、逆にセダンの方が短く感じられる、凝縮感のあるようなフットワークも印象的。ノーズは軽快に動くのに、ボディ後半もしっかり追従してくる感じがあります。

楽しさという意味では、よりパワフルなハッチバックには及ばないものの、セダンは毎日の足として何ら不満はなさそう。しかもハッチバックのプレミアムガソリンではなくレギュラーガソリンなのも美点。

大きくなった新型シビックでも最小回転半径は、ハッチバックの5.5mよりも5.3mと小さくなっていますので、小回り性能を気にする方にも朗報といえそうです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【関連記事】

【ホンダ・シビック試乗】久しぶりにMTを楽しめる、ライバルよりも一枚上手な性能・乗り心地
https://clicccar.com/2017/12/22/541918/

【ホンダ・シビック試乗】人気のハッチバックではなくセダンを選ぶのはアリか!?(http://clicccar.com/2018/01/01/544998/)