ともに1994年生まれのエンゼルス入団が決まった大谷翔平(左)とフィギュアスケートの羽生結弦

写真拡大

 2018年は戌年。スポーツ界では1994年生まれのまさに“黄金世代”がことし“年男”“年女”を迎える。

 野球界では米大リーグ・エンゼルスへの入団が決まった“二刀流”大谷翔平をはじめ、阪神の藤浪晋太郎、広島の鈴木誠也らがいる。

 サッカー界ではシュツットガルトの浅野拓磨、リオ五輪の「10」番・中島翔哉ら。

 平昌五輪で活躍が期待されるのは、66年ぶり五輪連覇を狙うフィギュアスケートの羽生結弦、同じく金メダルが期待されるスピードスケートの高木美帆だ。

 競泳界ではリオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介、世界水泳で男子400メートル個人メドレーで2度金メダルを獲得している瀬戸大也。女子レスリングでリオ五輪金メダリストの69キロ級・土性沙羅、63キロ級・川井梨紗子。柔道界のリオ五輪90キロ級金メダルのベイカー茉秋。バレーボールの男子日本代表のエース・石川祐希、バドミントンの桃田賢斗、卓球の丹羽孝希らも同じ年生まれだ。

 一回り上の1982年生まれでは、女子レスリングで五輪3大会連続金メダリストの吉田沙保里、サッカー元日本代表FW久保嘉人、メジャーリーガーの青木宣親らがいる。