TBS『逃げるは恥だが役に立つ』番組ページより

写真拡大

 大晦日より連続放送されている『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の再放送。今日は9話から最終回である11話まで放送される(一部地域除く)。

 昨日はツイッターでも『逃げ恥』に関するワードが次々とトレンド入りし、放送から1年近くの時が過ぎても、いまだに衰えないこのドラマの人気が改めて浮き彫りになった。

 しかし、『逃げ恥』はなぜそこまで視聴者の心に響いたのだろうか?

 大ブームとなった「恋ダンス」の影響もあるだろうし、「ムズキュン」とも呼ばれた主人公二人の微笑ましい恋模様の力もあっただろう。しかし、なによりも重要だったのは、社会が保守化し、「家族のあり方」に対しても窮屈な言論状況になるなか、見事にそのカウンターを示したからではないだろうか。

 また、この作品がカウンターを示したのは家族に関する問題だけではない。「多様性」に関わる問題もそうだ。

『逃げ恥』の登場人物たちは、オタクだったりゲイだったり毒女だったりプレイボーイだったりと、これまでの映画やドラマではステレオタイプな描き方をされてきたキャラクターが多い。

 しかし、『逃げ恥』はそのようなキャラクターをステレオタイプな物の見方に当てはめず、「その人」自身の個性や多様な側面も丁寧に描いてきた。

 本サイトでは、ドラマが放送されていた当時、主演の星野源や原作漫画家の海野つなみの発言を紐解きながら、作品が伝えるリベラルな思想について分析した記事を配信している。ここに再録するので、是非読んで『逃げ恥』の物語をより深く味わってほしい。
(編集部)

********************

 ついに今夜最終回を迎える『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)。今月6日に放送された第9話の総合視聴率(リアルタイムの視聴だけでなく、レコーダーによる録画再生も反映させた視聴率)は30%台に届くなど、人気も評判も日を追うごとに高くなっている。

『逃げ恥』がこれだけの人気作品となった要素は色々あるだろう。「ムズキュン」とも称される津崎平匡(星野源)と森山みくり(新垣結衣)の不器用すぎる恋愛模様はもちろん、「結婚」というシステムをめぐって2人が会社の人間関係や家族との関係に悩みながら前に進んでいくストーリーも極めて現代的なテーマである。

 なかでも先週放送の10話では、会社の人員整理に巻き込まれ近々職を失う予定の平匡が、本当に結婚すれば家事代行のための経費がかからず貯蓄に回すことができると無神経なプロポーズをしたのに対し、みくりが「愛情の搾取に断固反対します!」と宣言して求婚を拒否したラストシーンが話題となった。

 みくりは家事労働を「仕事」として引き受け平匡に雇用されてきたのに、お互いが恋愛関係になった途端、平匡は家事を無償労働として提案した──。つまり愛情で結ばれた関係であるならば見返りなど求めず家族のために尽くすのは女性として当たり前、という社会で"常識"とされている価値観を、みくりは愛情を盾にした「搾取」だと批判したのだ。

 いわゆる安倍政権の「女性の活躍」とは、女性に"安い労働力"として社会進出を推奨する一方、家事や子育て、介護などの再生産労働を無償で押し付け、女性たちに二重負担を迫っている。社会はこの無償労働を「女性は家事が得意」「女には母性がある」などという社会的につくりあげられた性役割と「家族への無償の愛」という"尊さ"を女性たちに突きつけて、二重負担を正当化してきた。そういった愛情につけ込んだ女性への脅しを、『逃げ恥』は「搾取」として明確に俎上に載せたのである。

 これだけでも『逃げ恥』は、真正面から恋愛の問題を真摯に捉えていることがよくわかるというものだが、本作を際立たせている重要な要素はもうひとつある。それは、キャラクターを、その特性だけを取り上げてステレオタイプに描くのではなく、きちんと1人の生きた人間として描けているということだ。

『逃げ恥』の主要キャラクターは、皆かなり特徴的な設定をもっている。たとえば、平匡は人付き合いのあまり得意ではないSEで「プロの独身」を自称するいわばオタクである。みくりは大学院まで行ったものの就職活動には失敗し、なんとか見つけた派遣社員の仕事も派遣切りに遭い、無職となったためひょんなきっかけで「契約結婚」への道を踏み出している。

 他の主要キャラクターも、前述の2人同様いわゆるステレオタイプな表現の枠に捕われる危険性を大いに孕んだ設定をもつ。みくりの伯母である土屋百合(石田ゆり子)は外資系の化粧品会社でバリバリ働くキャリアウーマンながら、親族には「一生結婚できない」とも言われ、実際にアラフィフの「高齢処女」として描かれる。平匡の会社の上司である沼田頼綱(古田新太)はゲイ。同じ会社の後輩である風見涼太(大谷亮平)はイケメンで女性の扱いに慣れているがゆえに「チャラチャラして軽い」と見られがちな人間として設定されている。

 このように『逃げ恥』のキャラクター設定は、ともすれば差別的な描き方に収斂される危険性も十二分に孕む。しかし、毎週ドラマを見ている視聴者なら分かる通り、そういった設定がステレオタイプに描かれることは決してない。

 実は、それはドラマの制作陣が意識していた部分だった。今月4日にTBSラジオで放送された特別番組『『逃げるは恥だが役に立つ』大好きジェーン・スーが、原作漫画家・海野つなみ先生に恥を承知で聞いてきた!特番』のなかでコメント出演した星野源はこのように語っている。

「津崎平匡という役をやっていて思うのは、特に那須田(淳)プロデューサー、そして演出の金子(文紀)さんがですね、すごく役柄、設定にこだわりを持っていて。まず僕が衣装合わせとかに入った時に、たとえばパソコンオタクとか、SEという職業をやっているのでそういう部分はあるけれども、たとえば1人で生活をしていくということにすごく長けていて、ちゃんと生活力がある。そして、自分なりのこだわりがあって、たとえば服に無頓着ではなくて、しっかり自分の好きな服がある。そして、自分が好きなセンスの、たとえば家具とか、自分の趣味とか、しっかりある男であるっていうことをすごく気を使って衣装合わせもされていました。そして、小道具とか持ち物、そういうものも含めてすごくこだわって、一生懸命みんなで役作りというか設定を考えてやっていきました」

 出演者やドラマ制作陣が細心の注意を払って類型的な表現を避けるのには理由がある。人はみんな多様な価値観や考えをもっていて、生きていればそれらがぶつかり合うことはあるものの、お互いが理解するよう努めれば必ず前に進むことができる、というのがこの物語の伝えるメッセージだからだ。そのキャラクターがもつ特徴を強調して描いた方が「キャラ立ち」という面では作劇上有効なのかもしれないが、それをするわけにはいかない。その方法を選ぶことは、キャラクターのもつ多様性を捨てることになり、生きた人間として見せられなくなって、作品が伝えようとするメッセージも壊すことになるからだ。星野は先ほどのコメントに加えてこのようにも語っている。

「そういうところも含めて、なんというか、平匡という役はみんながたとえば『頑張れ! 頑張れ!』っていう応援したくなる役だとは思うんですが、すごくステレオタイプなオタクだったりダメなやつっていうことではまったくないんだと思っていて。演じる上では、たとえば茶化して演じたりとか、コメディではあるんですが、ベロベロバーみたいなそういうお芝居は絶対にしないようにしようと思っております。とても真面目に生きているだけなのに、社会とのズレで笑いが起きてしまう。社会とかみんなの中の常識とちょっとだけズレているために笑いが起きてしまったり、微笑ましかったりするという。そういう風に演じさせていただいております」

 もちろん、それは他のキャラクターにも共通している。とくにアラフィフ高齢処女という設定をもつ百合に関しては、原作漫画のなかで読者からかなりの反響を巻き起こしたそうだ。海野つなみは前述の特別番組でこのように語っている。

「結構本当に第一話を描いた時にすごい読者さんから悲鳴がいっぱい来て。なんか『もう海野先生、なんていうものを描いてくれたんですか。ひどい』みたいな感じで。でも、それから話が進むにつれて百合ちゃんがそれを特に引け目に思っているというわけでもなく普通に楽しく充実して暮らしているのを見て、みんなが『悲惨な女として描かれているんじゃなくて、普通に生きている楽しい女性として描いてくれているので、私も百合ちゃんみたいになりたい』みたいな方に読者さんからの声が変わっていったので。だから、『よかった』みたいに思いましたね」

 もちろん作中ではそういった事情に思い悩む場面も描かれるのではあるが、百合のネガティブな側面ばかり強調される類型的な描き方ではないがゆえに、彼女が抱える苦悩がよりリアルで切迫感のあるものとして感じられるのは間違いない。

 それは百合以外のキャラクターにも言えることであり、第7話に登場した、「沼田さんって鋭い方だと思っていました。男性と女性のどっちの視点ももっているから」といった平匡に対して周囲の人間が「違うと思いますよ。沼田さんはただ、沼田さんなんですよ」と返すシーンもまさしくそういった物語の根幹のテーマに触れるシーンである。風見が自分の容姿ゆえに誤解されがちなことに悩むくだりも、人をレッテル貼りして分かった気になるのではなく、その人自身を理解するよう努めてコミュニケーションすることの大切さを見る人に伝えている。

 実は、以前にも星野源はこのドラマの伝えるメッセージを、人に対する安易なレッテル貼りへのアンチテーゼであるという旨を語ったことがある。それは、先月28日深夜放送『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でのことだった。

 このラジオがオンエアーされる直前はちょうどドラマの7話を放送している時期だった。その7話は、みくりが平匡に抱きつきながら「いいですよ、そういうことしても。平匡さんとなら」と思い切った告白をするも、平匡は自分に女性経験がないことを彼女に知られることを恐れ「無理です。そういうことをしたいんではありません。ごめんなさい、無理です」と拒絶したことで大きな話題を巻き起こした回だ。

 それを受けて、番組にはリスナーから平匡に対してこんなお叱りの感想メールが大量に届いたという。

〈7話の最後のシーンはもう。平匡さんのバカ〉
〈世間では『平匡なにしてんだ!』という意見と、『みくり早まったな』という意見と二択に別れております。源さんの意見を是非お聞かせ願いたいです〉

 ただ、これを読んで星野は重要な指摘をする。メールの「男だったらこういうとき逃げちゃダメだ」という意見は、「男ならこうすべき、女だったらこうあるべし」的な性別によるレッテル貼りの行為だとして、物語の登場人物たちはそういうレッテル貼りにこそ苦しめられているのではないかと看破したのだ。

「平匡が拒否するというエンディングになったときに、やっぱりみんな怒っている怒り方が、メールとかを見ていると、『男なのに何やってんだ! 女性から申し込まれたそういう誘いを男がなぜ断るか?』って怒っているんだけど、それって、平匡なり、みくりなりがずっと苦しんできた"男に生まれたから"っていうレッテル、"女に生まれたから"っていうレッテル。そういうものとまったく一緒なんですよね」

 星野はさらに分かりやすくなるように、男女を逆転させて議論を進めていく。

「すごく分かりやすいなと思うのは、男女を反転するだけで全然怒る気持ちにならないんです。いままで彼氏がいたことがなくて、そういうこともしたことがない女性に対して『いいですよ、あなたとならしても』って男が言ったときに感じる感情って全然違うじゃないですか。怒りじゃない。それで拒否しても、全く怒る気にならない。『それはしょうがないよね』ってなる。でも、男になっただけで『お前、しっかりしろよ!』ってみんなから言われるっていうことは、それはいかにみんなが男と女というレッテルに縛られているかっていうことの証明なんですよね。だから、出演者が苦しんでいる理由は、見ている人たちの、怒った人たちの心のなかにある」

 社会の価値観に絡め取られるのではなく、社会観の価値を疑ってみる。──最終話では、果たして問題提起した「愛情の搾取」をどのように着地させるのか、そしてどんな結論へと向かっていくのか。今夜の放送が楽しみだ。
(新田 樹)