ユナとイ・スンギの熱愛を報じた『Dispatch』

写真拡大

古今東西、新しい年を迎える1月1日は祝賀ムードに包まれる。旧暦の習慣が根付いているため、旧正月(今年は2月16日が旧暦の1月1日となる)を盛大に祝う韓国でも、本日1月1日は公休日となっている。

だが、韓国ではこの1月1日に固くなる人たちがいる。アイドルやスターといった芸能人や、その所属事務所関係者、さらにはファンたちが毎年1月1日になると、恐れと緊張の中で迎えるというのだ。

なぜ、芸能界とそのファンたちが緊張するのか。

韓国でも1月1日になるとスクープ記事が発表されることが多いからだ。日本でも1月1日になると、スポーツ新聞などで芸能人の熱愛報道や結婚のニュースがスッパ抜かれたりするが、韓国でも同じようなケースが多いのである。

熱愛スクープに強い韓国メディア

中でも有名なのは、『Dispatch』だ。同メディアは日本で言うところの『週刊フライデー』や『週刊文春』のように芸能人の熱愛スクープを得意としており、1月1日に熱愛スクープを発表してきた。その経歴から、大手ポータルサイトで「ディスパッチ」と検索すると、「ディスパッチ1月1日」という関連ワードが出てくるほどである。

(参考記事:毎年元日に放たれる!! 韓国の“文春砲”ならぬ“ディスパッチ砲”の歴史)

実際、『Dispatch』が1月1日にスクープしてきた熱愛報道は多い。

2014年1月1日には少女時代のユナと人気タレントのイ・スンギの交際をスッパ抜き、2016年1月1日にはJYJのジュンスと人気ガールズグループEXIDハニが恋人関係であるという特ダネを世に発表している。

ただ、ユナ&イ・スンギ、ジュンス&ハニは報道後に破局し、今は熱愛関係ではない。『Dispatch』で元日スクープされたカップルの恋はなかなか結婚まで成就しないのが通説だった。

そんな通説を吹き飛ばしたが歌手兼俳優のRAINと人気女優キム・テヒのカップルである。ふたりは2013年1月1日に『Dispatch』に熱愛関係をスクープされた。

それがきっけかでのちにRAINの兵役時代の軍記違反が明るみになり、 “芸能兵廃止”までに発展したが、ふたりは昨年1月に晴れて結婚を発表。『Dispatch』の元日スクープが生んだ最初の“夫婦”となった。

『Dispatch』がスクープを発表しなかった理由

ふたりの年収を合わせるとケタ違いで、昨年11月にはふたりが所有する不動産の資産価値が500億ウォン(約50億円)にもなると報じたほど。まさに韓国芸能界屈指の“勝ち組カップル”である。

そんなふたりの熱愛を最初にスクープした『Dispatch』としても面目躍如といったところだが、昨年2017年は『Dispatch』の元日スクープはなかった。

興味深かったのは、その理由だ。恒例の元日スクープがなかったことを不思議に思った(寂しく思ったかもしれない)読者たちが同メディアの公式フェイスブックに問い合わせメッセージを多数寄せると、編集部を代表してこんな理由が発表されたのだ。

「今の韓国の関心事は朴槿恵大統領と崔順実、そしてその一党に加担した者たちです。いつになく政治への関心が必要なときだからこそ、2017年1月1日は休みました」

当時は朴前大統領の弾劾が可決され、 “崔順実ゲート”スキャンダルも佳境を迎えていたが、そうした時勢だからこそ芸能スクープよりも政局に関心をと訴えたのである。

韓国ではこういったところに『Dispatch』のジャーナリズム精神を感じた人々も多かったようだが、今年は政局も荒れてはいない。

それだけに今年は2年ぶりに『Dispatch』砲があるかもしれない。

2017年は何かとショッキングな話題が多かった韓国芸能界。果たして今年はどんなニュースで彩られていくだろうか。

もしかしたら韓国の芸能関係者たちがあっと驚くスクープが元旦早々から飛び出すかもしれない!?

(文=慎 武宏)