「ニューイヤー駅伝」(1日、群馬県庁発着)

 元日恒例の全日本実業団駅伝がスタートした。

 ランニングシューズ開発を巡る人間模様を描いた大人気ドラマ「陸王」が話題となる中、連覇を狙う旭化成の1区には、「陸王」で俳優竹内涼真が演じたマラソンランナー茂木裕人と同じ名字の茂木圭次郎が登場。陸王のドラマ公式ツイッターは「昨年優勝の旭化成の第1区はなんと…茂木選手!!是非ご注目を!!」、茂木が所属するダイワ食品の監督役を演じた俳優の音尾琢真もツイッターで「茂木ー!」と叫び、声援を送った。

 解説の増田明美さんは「ドラマの茂木さんとは違うタイプのイケメンですね」とコメント。実況では茂木の名前が呼ばれる度に、ドラマを思い出すのか、ネット上では「リアル茂木くんが走ってる」「陸王を思い出したのは私だけじゃないはず」「ファンにはたまらないシチュエーションだな」と、沸いていた。

 茂木は1区で先頭と10秒差の9位でタスキを繋いだ。ドラマでは茂木は6区を走っている。