ステファノス・チチパスが予選を突破し、本戦出場へ[カタール・エクソンモービル・オープン]

写真拡大

ステファノス・チチパス(ギリシャ)が2017年12月31日、「カタール・エクソンモービル・オープン」の予選を突破して、本戦への出場を決めた。まだ10代の若手がATP(男子プロテニス協会)ツアーの大会本戦のコートで活躍する姿を年初から見られそうだ。

「カタール・エクソンモービル・オープン」は2018年シーズンの最初に行われる大会のひとつで、2018年1月1日時点のランキングで5位のドミニク・ティーム(オーストリア)やパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)らが今年は参戦している。

その本戦への出場権をかけてチチパスは予選のファイナルとしてエリアス・ウマー(スウェーデン)と対戦。7-6(3)、7-6(2)で勝利した。試合時間は1時間44分だった。

また予選の結果、チチパスは同大会の本戦への出場を決めており、1回戦でフロリアン・マイヤー(ドイツ)と対戦する予定だ。チチパスが勝ち上がり、他の試合も順当な結果となれば、2回戦で第5シードのリシャール・ガスケ(フランス)と、3回戦では第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)とぶつかる見通しだ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「成都オープン」の時のステファノス・チチパス
(Photo by Zhong Zhi/Getty Images)