27分間の生放送を行った稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾/(C)AbemaTV

写真拡大

元日0時45分から放送された「27Hunホンノちょっとテレビ」(Abema TV)に、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が揃って出演。27分間の生番組の中で、森且行と電話で会話をする一幕があった。

【写真を見る】香取が好きな東京タワーをバックに「72」を歌った3人 ほか草なぎが男色ディーノにキスされるなど「27Hun」画像集/(c)AbemaTV

「初めての電話始め」のコーナーでは、じゃんけんをして勝った人が、誰かに電話をして新年の挨拶をするという企画が行われた。香取がじゃんけんに勝ち、「じゃあ、あの人に!優勝おめでとう、森くん!」と、オートレーサーの森且行を指名。「だがしかし、番号を知らない」と、唯一番号を知っている稲垣に託した。

森は12月31日に出場したレースで優勝。それを知った香取はTwitterでも祝福の言葉を寄せていたが、生放送で直接言葉を伝えた。

「森くん、あけましておめでとう」、3人が口々に語ると、香取が「森くん見てる?今日のやつってどんな感じで映ってる?」と自撮り棒とスマホを持ちながら慌ただしい様子で番組を進行。

「12月31日に優勝ってカッコよすぎないですか?」と香取から投げかけられると、森は「いやー、ね。みんなの力だよ」と喜びをかみしめた。

草なぎは「72時間(ホンネテレビ)で会ってから成績いいよね」と振り返ると、森も「力をもらったっていうか、やる気になったっていうか、本当にすごいよ」と再会がパワーにつながったと返答。森が目標としている日本一について聞かれると、「目指すしかない」と意気込みを語った。

最後は3人が口々に「お互いがんばりましょう」と声をかけて、森との電話を終えた。

また番組の最後には、12月24日に配信されたばかりの「72」を生放送で披露。香取が好きな東京タワーを背に、久しぶりに歌う3人の姿にTwitterでは「泣けてきた」、「ありがとう」などとファンから投稿が寄せられていた。(ザテレビジョン)