ゲッターズ飯田に「危なっかしい男にひっかかることがあるので気を付けてください」と診断され、苦笑いしていたベッキー

写真拡大

バナナマン司会で「最強運決定戦2018」(フジ系)が12月31日(日)に放送された。

【写真を見る】2016年1月6日に開かれた不倫騒動謝罪会見では大粒の涙を見せていたベッキーだったが、2018年はどんな一年に?

芸能界最強の占い師と言われているゲッターズ飯田監修の占いで、「恋愛運」が1位になったベッキーは「運命の人が現れ、絶頂のモテ期。一気に結婚に至ることも」と診断されると、ゲッターズの手を握りながら「信じていいんですね。よかった。恋していいんですね」と大興奮。

さらに「(運勢的に)6年半の闇が終わったんで、2018年は出会いがあります。2018年『初めまして』の人とはかなり相性がいい」と言われて「やっぱり闇はあったんですね。長かった」とベッキー。

「真面目で品格のある男性が好きなので、その点はいいんですが、危なっかしい男にひっかかることがあるので、そこだけ気を付けてください」と診断されて伏し目がちになって苦笑いするベッキーに「もう、それはみんな知っています」と設楽統がツッコミを入れて、スタジオは大爆笑に。

さらに、星座×十二支×血液型(全部で576通り)で割り出した「2018年最強運ランキング」でも、5位になったベッキー(うお座×ねずみ年×AB型)は「真面目に頑張ります!」と力強く宣言していた。

ちなみに576人中1位の「最強運」の運勢の持ち主は、モンゴル出身の力士、玉鷲(さそり座×ねずみ年×AB型)。「玉鷲関は、モンゴル出身の例の会には参加していなかった」と解説されていた。(ザテレビジョン)