AFLO=写真

写真拡大

これまで労働市場では、「転職するなら35歳まで」というのが定説だったが、最近は中高年で転職でキャリアップする人が増えているという。シニアの就職事情に詳しい専門家に、職務経歴書の書き方など、自分を売り込むポイントを聞いた――。

■自分を売り込む最強のプレゼン資料

これまで労働市場では、「転職するなら35歳まで」というのが定説だったが、今や中高年で転職する人が増えているという。シニアの就職事情に詳しいキャリア ドメイン代表の谷所健一郎さんは、こう説明する。

「介護、外食といった人材難が深刻な業種では、中高年の採用を拡大しています。それに、中小企業では、幹部クラスの人材が慢性的に不足していて、マネジメント経験が豊富なら、50代以上でも引く手あまたですね」。シニアには、長年築いてきた実績や人脈といった強みもある。凄腕の営業マンなら、50代でも即戦力として他社に引き抜かれる例は珍しくない。

大勢のシニアの転職を支援してきたキャリアカウンセラーの中谷充宏さんは、「例えば、大手電機メーカーで海外工場の開設・運営に携わった経歴を買われ、他のメーカーの海外工場長に就任した50代の人もいます」と明かす。

とはいえ、中高年になると、求人が激減するのも事実。熾烈な争いを勝ち抜くためには、何が必要なのか?

「シニアはキャリアがあって当たり前。それにどんな付加価値をつけられるかが勝負です。過去の延長線上を進むのではなく、新しい境地を開ける人なら、門戸が広がるでしょう」(谷所氏)

例えば、メーカーの営業所長なら、マネジメント能力を活かして、人材が足りない介護施設の事務長に転身するといった道もある。「法人営業担当だった50代の人が渉外能力をアピールし、畑違いの港湾関係団体の総務部門に再就職した例もあります」(中谷氏)。

■「華々しい経歴」は単なる自慢で終わる

転職するには、まず書類選考をクリアしなければならない。中途採用の場合、応募書類の中でとりわけ採用側が重視するのが、これまでのキャリアを示す「職務経歴書」だ。

応募者にとっても、自分の能力や実績を売り込む格好のツールとなる。ところが、書類作成に手慣れているはずのシニアでも、採用担当者の“心に刺さる”職務経歴書を書けない人が目立つという。新卒で企業に入社して転職経験がないビジネスパーソンの場合、なおさら社外に向けて自己PRする機会がない。

「職務経歴書に華々しい経歴を並べ立てるシニアが多いのですが、それでは単なる自慢で終わるどころか、『うちでは満足できないのではないか』と敬遠されかねません。転職先にどんな貢献ができるのかを、具体的にわかりやすく盛り込むべきです」(谷所氏)

シニアは職歴が長いだけに、職務経歴書も冗長になりがち。多忙な採用担当者の目に留まるように2、3枚程度にまとめよう。

「職務経歴書は商品のパンフレットと同じ。ニーズに適した情報を端的に伝える能力も、問われていると考えましょう」(中谷氏)

例えば、大企業の総合職で、技術→営業→管理といった具合に職種を転々とした人は、セールスポイントが不明確になりやすい。採用側が関心を持ちそうな経歴に絞り、そこを重点的に記述するとよい。

■人事職に応募する場合の「職務経歴書」とは

これまでに、新商品やプロジェクトの「プレゼン資料」を作成したことがあるだろう。その際には、顧客の“心に刺さる”ポイントに絞っていたはずだ。今度はその経験を活かし、自分の魅力を伝えるプレゼン資料=職務経歴書を書いてみよう。

----------

谷所健一郎(やどころ・けんいちろう)
キャリア・デベロップメント・アドバイザー(CDA)
キャリア ドメイン代表取締役社長。著書に『再就職できない中高年にならないための本』など人事・転職関連の著書多数。「マイナビ転職」「マイナビミドルシニア」など転職サイトで連載中。
 

中谷充宏(なかや・みつひろ)
キャリアカウンセラー
M&Nコンサルティング代表取締役社長。中高年向けの転職情報サイト「中高年の転職支援」を運営しミドルシニア向けの転職情報を提供。著書に『30代40代のための転職成功ガイド』などがある。
 

----------

(ジャーナリスト 野澤 正毅 写真=AFLO)