母校の襷をつなぐため懸命に走り抜くが、脱水症状やスタミナ切れといったアクシデントも起こる箱根駅伝【写真 : photolibrary】

写真拡大

脱水症状、低体温症も…3連覇中の青学大・中野トレーナーが明かす「箱根駅伝独特の難しさ」

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が2、3日に行われる。各校の栄えあるランナーに選ばれた選手たちは母校の襷をつなぐため、懸命に走り抜くが、脱水症状やスタミナ切れといったアクシデントも起こる。その理由は何なのか。3連覇中の青学大でフィジカルトレーナーを務め、卓球の福原愛、バドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ中野ジェームズ修一氏に聞き、優勝のキーポイントとなる5、6区の難しさについて語ってもらった。

◇ ◇ ◇

 限界に挑戦するレース中には、想定外のアクシデントも起こります。皆さんも箱根駅伝で突然の脱水症状やスタミナ切れに苦しむ選手たちの姿を見たことがあると思います。一体、練習を積み、レースに臨んだ選手たちに何が起こっているのか? 箱根駅伝独特の難しさを交えながら、お話しします。

 私が選手の近くにいて感じるのは、やはり箱根駅伝という大会が選手たちに与えるプレッシャーの大きさです。それもそのはず、長距離の選手が日本中から注目される大会といえば、オリンピックか箱根駅伝の2つかもしれません。つまり箱根駅伝は、人生に一度あるかないかの大舞台です。成果を挙げたいという気持ちは緊張にもつながるし、メディアにも注目される。

 学校の名前を背負うこと、仲間に襷をつなぐ重責など、大きな大会ともなると何かしらのプレッシャーがかかります。一人で臨むほうが、気が楽という選手もいれば、みんなで戦うから怖くない、という選手もいます。

 よく「適度な緊張はあったほうがいい」と言いますが、今はあまり、そうとは考えられていません。柔道など一瞬の爆発力が勝負を決める競技であれば、適度な緊張感がプラスに働くこともあるでしょう。しかし、長距離はどれだけエネルギーをムダにせずに走れるかが勝負。ストレスがかかると、筋肉のエネルギー源となるグリコーゲンはどんどん消耗されます。

 すると、メンタルが弱い選手はスタートして早い段階でガソリン切れを起こしたり、レースの後半まで持たなくなったりという可能性が高まる。ストレスや緊張はそれだけ体のシステムに影響を与えるのです。

前回に脱水症状を起こした青学大・田村、その裏で起こっていたこととは…

 体調、精神面、あるいは気候条件などにより、突然、脱水症状を起こす選手もいます。私がトレーニングを担当する青山学院大でも、2017年の93回大会で、脱水症状を起こした選手がいました。今回、3区を走る田村和希選手(4年)です。

 彼は1年時から箱根を走る実績のある選手です。3年にあがると、出雲駅伝、全日本大学駅伝でも区間賞を記録。箱根の前も良い状態に仕上がっていました。しかし、レース当日に突然、脱水症状を起こし、彼本来の走りができなくなります。チームは優勝しましたが、彼自身は区間11位という結果に終わりました。

 実は田村選手は、レースの数日前に風邪を引き、熱を下げるために24時間、寝たきりで過ごした日がありました。人の体は、ただ寝ているだけでも水分を失います。そのうえ、田村選手は食事も十分に摂れなかったため、このときから脱水状態気味だったということです。

 体内では糖質1グラムに対して水分3グラムが吸着します。糖質をしっかり体内に蓄えれば、体はスポンジのように保水するのです。しかし、このときの田村選手はご飯を十分に食べられなかったので、体内の糖質が少なく、レース前に一生懸命に水を飲んでも十分に保水できません。

 風邪で寝ていた選手に山のようにご飯を食べろといっても難しく、本人はしっかり食べていたつもりでも、恐らく量が足りず、レース中の脱水症状につながったと思われます。このように脱水症状は、当日の水分補給だけでなく、数日前からの食事の内容も影響するのです。

5、6区に潜む低体温症のリスク…袖の長さ、手袋の調整&取捨もカギに

 最後は、箱根駅伝といえば、の山上りの5区、山下りの6区についてです。

 私たちトレーナーは、選手たちの体温調節にも気を配ります。特に約860メートルの高低差を駆け抜ける5区、6区は、コース上の気温差が激しく、天候も変わる可能性が高い。平坦でないとあれば温度の予測もつきにくく、低体温症を起こす選手も少なくありません。

 寒くても走っていると皮膚の表面にうっすらでも汗をかきます。汗で肌がしめると腕振りや脚を動かすたびに、冷たい外気温が肌を冷やします。お風呂上りに水滴がついた肌で扇風機の前に立つと、涼しさを感じますが、それと同じ状態です。しかも外気温は凍えるほど低い。ウエアの袖の長さはもちろん、アームウォーマーやハイソックス、グローブを使うか使わないかだけでだいぶ、感覚が変わるので、私たちは事前に選手と相談しながら細やかに対応します。

 また、気温が低い山の上は雪が降ったり、路面が凍り滑りやすくなったりするのもやっかい。実は路面が硬いことよりも滑りやすいほうが選手のエネルギーを消耗します。滑らないように体をコントロールしながら走ることは、とても負担が大きいのです。

 以上、5区や6区はランナーにとって非常に難しいコースだとおわかりいただけたのではないでしょうか。

 今大会は混戦が予想されているそうです。どのような結果になるのかを見守りつつ、箱根駅伝を楽しんでください。(長島恭子 / Kyoko Nagashima)

長島恭子
編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

中野ジェームズ修一
1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。