毎年、実力選手のごぼう抜きが脚光を浴びる一方、予想外の失速なども生まれる箱根駅伝【写真 : photolibrary】

写真拡大

練習では20キロ以上走破も…3連覇中の青学大・中野トレーナーが解説する波乱の理由

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が2、3日に行われる。毎年、実力選手のごぼう抜きが脚光を浴びる一方、予想外の失速などが生まれ、レースをおもしろくさせる。しかし、1人が走るのは、およそ20キロ。練習では、それ以上に長い距離を走っているのに、なぜ、波乱は生まれるのか。3連覇中の青学大でフィジカルトレーナーを務め、卓球の福原愛、バドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ中野ジェームズ修一氏に聞いた。

◇ ◇ ◇

 新年が明けた1月2日、3日、箱根駅伝が行われます。2014年から私がトレーナーを務める青山学院大は、今大会、4連覇を目指しての出場。彼らをみるようになってから駅伝について聞かれることもとても多くなりましたが、「箱根駅伝では、距離もタイムも想定して練習を積んでいるはずなのに、どうして急に脚が止まったり、予想外に大幅に遅れたりチームが出てくるのか?」とよく聞かれます。

 箱根に出場する選手たちにとって、20キロ程度は特別に「長い距離」ではありません。当然、普段からそれ以上の長い距離を走っていますし、もちろん、レースペースも想定済みです。しかし、本番さながらのレース形式で、想定タイムで本番と同じ距離を走る練習はあまりしません。なぜなら、本番までにリカバリーがきかないほどの、ダメージを受ける可能性があるからです。

 長距離をもっとも楽に走るコツは、一定のスピードで走り続けることです。体も車と一緒で、アクセルとブレーキを踏まずに一定スピードで走り続けると、エネルギーの消耗が少ない。どうやって省エネで走り切るかが勝負なので、市民ランナーのように、誰とも競う必要がなく、自分で決めたペースで走り切るのがもっとも効率がいいのです。

 しかし、横に並んだ人と、抜きつ抜かれつを繰り返すのがレース。駅伝もタイムを競う競技ではなく、横の人よりも前に行けるかどうかの競争です。鬼ごっこのように相手との駆け引きのなかで、スピードの上げ下げを余儀なくされるため、体は非常に多くのエネルギーを消耗します。

一人でも遅れると、後々のダメージに…万全の準備をしても生まれるドラマ

 また、駅伝は一人でも選手が遅れると、後々のダメージが大きくなりやすい。監督は各選手のタイムを想定しながら、どの時点で何分差を開けば優勝できるなど、と細かい計算を元に、選手の配置を決めます。ですから選手たちは自分のペースだけを守って走ればいいのではなく、遅れが出たら、後々の選手のためにも巻き返さなくてはいけない。これが駅伝の難しさです。

 例えば1区の選手が想定よりも1、2分遅れて、2区の選手にたすきを渡したとします。どこかで巻き返さないと最終的に順位が下がってしまうため、2区の選手はオーバーペースで走ります。ここでも遅れたら、今度は3区の選手がさらにオーバーペースで突っ込んでいく。選手たちは本来のペース以上の走りをするため潰れる可能性も高く、遅れも累積し、気づいたら大幅に遅れていた、ということが起こります。

 ですから駅伝は、最初に想定通りに走れた学校ほど、後々も余裕をもって通過できる。後から抜こうとするほど、きつくなるのです。

 駅伝はチームで走るので、最終的に誰のところで何分稼げれば勝てる、という計算がうまくいけば勝てます。この計算が一つでも狂うと苦しい。圧倒的に強い選手が1、2人いるチームは強い、といわれる理由はここです。遅れを修正する力のある選手がいれば、挽回できますが、いないと本当に厳しいのです。

 長い距離といろんなシチュエーションのなかで、ペースダウン、ペースアップが繰り返される駅伝は、フィジカル的にみてもとてもタフなレース。ですから万全な準備をしてもアクシデントが起こるし、またドラマも生まれるのです。(長島恭子 / Kyoko Nagashima)

長島恭子
編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

中野ジェームズ修一
1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。