2018年ブレーク間違いなし!横浜流星に注目

写真拡大

ついに2018年がスタート! となれば、気になるのは今年ブレーク必至のイケメンたち。2017年はドラマ「カルテット」(TBS系)で異彩を放った高橋一生、連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)をきっかけに注目を集めた竹内涼真らの活躍が目立った。

【写真を見る】「しろときいろ」ではサーファー姿も!/(c)JOKER FILMS INC.

そして今、エンタメ業界から熱い注目を注がれているのが俳優・横浜流星だ。漫画家でテレビウォッチャーのカトリーヌあやこさんは、発売中の「ザテレビジョン」で「『怪獣倶楽部〜空想特撮青春記〜』(‘17年TBSほか)の怪獣エリート高校生をはじめ、クセのある役どころがハマる特異な存在。特に『怪獣―』は前髪パッツンでよどみなく怪獣うんちくを語る姿がナイス!」と横浜をプッシュする。ネクストブレーク筆頭・横浜流星とは?

■ 2017年は歌&コントでも魅力を発揮

2017年は、活躍の場を大きく広げた1年だった。横浜は映画「キセキ-あの日のソビト-」にGReeeeNのメンバー・ナビで出演。菅田将暉らとともに「グリーンボーイズ」名義でのCDデビューや「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)への出演も果たし、話題をさらった。オムニバスコント番組「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」(NHK総合)ではコントに初挑戦。ムロツヨシ扮する”ムローノ・マーズ”とキレのいいダンスも披露し、SNSをにぎわせた。

もとより演技力には定評がある。原点は、‘15年に2作品、’17年にも再演を含む2作品の主演舞台をこなした経験だ。舞台で培った演技力に加え、中学時代に極真空手で世界一に上り詰めたほどの身体能力でアクションやダンスも自在にこなす。画面いっぱいに存在感をアピールできる能力は稀有だろう。

■ 2018年1作目は“プロ目指すサーファー役”

そんな横浜、2018年はすでに初主演作「兄友」を含む映画3本、そしてAmazonプライムの配信ドラマが待機中だ。

まずはAmazonオリジナルドラマ「しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜」(2018年早春よりAmazonプライム・ビデオにて独占配信)がスタート。実話をもとに、日本のパンケーキブームに火をつけた大学生・夏海(川口春奈)の奮闘を描くストーリーで、横浜は夏海の幼なじみでプロのサーファーを目指す涼介を演じ、作中ではワイルドなサーフ・スーツ姿も披露している。

3月31日からは映画「honey」が公開。平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)主演、ヒロイン・平祐奈で注目を集める同作に、主人公・鬼瀬(平野)の親友・三咲歩役で出演する。三咲は、見かけはすごくかわいらしい反面、ちょっぴり“毒っ気”のあるキャラクター。横浜は、三咲について「鬼瀬とは真逆のタイプの男の子で、素直になれないあまりに、自分の思いとは違う行動をとってしまったりするんですけど、鬼瀬や奈緒や仲間たちと出会って、少しずつ心を開いていきます。その心情の移り変わりを丁寧に演じました」と振り返る。

■ オクテ⇔ドS! 2本の主演作で対称的な役柄に挑戦

同じく2018年春に公開されるのが、横浜の単独初主演映画「兄友」。イケメンなのに女性に超奥手な青年・西野壮太が友人の妹・まい(松風理咲)に一目ぼれするところから始まる胸キュンストーリーをフレッシュに演じる。横浜は、「(単独主演の)プレッシャーはありますが、楽しく西野を演じさせていただきました」と、西野そのままのはにかんだ笑顔で撮影を振り返り、「初めて恋をした西野とまいの初々しい距離感や掛け合いが、恥ずかしくて見ていられないような、でもクスッと笑える作品になっていると思います」と作品をアピールする。

7月には、映画「虹色デイズ」が公開される。中川大志、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、そして、横浜が高校時代クラスメートだったという高杉真宙との“カルテット主演”で、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生たちの友情と恋を描く。横浜は、いつもニコニコ、でも実はドSな“恵ちゃん”を演じる。4人で撮影された場面写真では、紺のブレザーにえんじ色のネクタイ、水色のパーカーを羽織り、“恵ちゃん”らしくちょっぴりやんちゃな表情をのぞかせる。「兄友」で演じる壮太の“奥手キャラ”とのギャップが女子のハートをがっちり掴みそうだ。

■ 1月1日「スカッとジャパン」に出演!

ことし前半だけでも4本のメーンキャスト出演作が控える横浜。いち早くその姿をチェックしたいという人は、1月1日放送の「痛快TV スカッとジャパン 〜世界に勝った日本人の話スぺシャル〜」(フジテレビ系)を。歴史とコラボした「スカッとストーリー」5本立てのスペシャルで、横浜は西郷隆盛の“甘く切ないプロポーズ”を演じる。恋の相手を演じるのは高橋ひかる。

作品ごとに新たな魅力を見せてくれる横浜の2018年に注目だ。(ザテレビジョン)