橋本環奈/撮影=尾形正茂

写真拡大

橋本環奈の初めての挑戦をリポートする月刊ザテレビジョンの連載「First Story」。発売中のお正月特定号では、福岡出身の橋本が初めて関東風のお雑煮作りに挑戦した。感想は?

【画像を見る】ニンジンは「かわいくお花型にしました!」/撮影=尾形正茂

「新年をお祝いして、きょうは関東風のお雑煮作りに初挑戦しました。関東風のお雑煮って初めて食べましたが、すごくあっさりしているんですね。特にお雑煮は地域性が出るので、面白いなと思いました。今回は、かつお節でさっと一番だしを取るところからやってみましたが、布巾じゃなくてもザルでこせるし、意外と簡単にできるものなんですね。スタジオ中に、おだしとおしょうゆのいい〜香りが漂って、やっぱり何でも『手作りが一番!』。いいおだしから作ると、きんぴらごぼうや煮物なんかも、味わいが格段に違うんですよね。今回は、かまぼこやシイタケの飾り切りもとても勉強になりましたし、お料理って、少し手間をかけるだけで、見た目はもちろん、味まで違うような気がするから不思議です」

「橋本家は、お正月に、父と母、両方の実家に帰るのがお約束。おばあちゃんが作る博多雑煮はとにかくおいしくて、あごだしにブリの切り身やかまぼこ、湯葉やニンジン、シイタケ、小松菜が入っていて、見た目もとても華やか! 栄養満点で食べ応えがあるので、毎年楽しみにしています。おせちも全て手作りですが、中でもだて巻きやくりきんとんが好きですね。『お正月だから…』と調子に乗って、ドンドン食べちゃいます(笑)。福岡に帰省して、父方の実家に行くと冬なのに海へ出て、みんなで花火をしたり、近所の体育館でバスケットをしたりして遊びます。年に一度、親戚やいとこも大勢駆けつけるので、とてもにぎやかなんですよ」

「'17年を振り返ると、本当にいろいろなお仕事に恵まれて、たくさんの出会いがありました。『ハルチカ』のメンバーとは今も交流がありますし、『銀魂』に『斉木楠雄のΨ難』、連続ドラマ『警視庁いきもの係』(フジ系)では、初めて1クールの作品に挑戦させていただきました。ファンの方をはじめ、周りの方からアドバイスやご意見をいただき、自分でも新たな発見が多い年でしたね。『この役はこうだったから、次はこうしていこうかな?』と考える心の余裕も生まれたような気がします」(ザテレビジョン)