2018年を飛躍の年にするために、哲学者の教えを学んでみるのもいいかもしれません(写真:Sergey Nivens / PIXTA)

「毎日、何のために仕事を頑張っているんだろう?」「私の人生、本当にこれでいいのかな?」「この人と、この先ずっとうまくやっていけるんだろうか?」現代を生きる中で、私たちはさまざまな葛藤や不安、悩みに直面します。
哲学者の教えをまとめた『まいにち哲学』では哲学者の言葉が366日分詰まっており、日めくり感覚で楽しむことができます。著者の原田まりる氏が2018年の三が日に「ハッ!」とする体験を届けます。

哲学は人間の本質に迫った学問

「すべての学問の母である」と言われる哲学の歴史は約2500年。少し古くさいイメージがあるかもしれませんが、「人間の本質」に迫った学問なので、いまを生きる私たちにとっても「そうそう!」と共感できる言葉がたくさんあります。

そもそも「哲学する」とは、「ハッ!」とひらめくような経験を通じて「知っていると思い込んでいたことを、別の角度から知る」ことでもあります。

哲学は、数学や科学などの学問と違って「予備知識」がなくても語り合えます。大切なのは、「ハッ!」とする経験を逃がさないことと、自分の頭でじっくり考えることだけ。

哲学者の教えから得たひらめきをもとに、「まいにち哲学」してみてください。

ここからは実際に、3つの哲学者のことばを紹介しましょう。

まずはドイツの哲学者・ニーチェ(1844〜1900年)。

「神は死んだ」とキリスト教批判をしたことで有名ですが、ニーチェはニヒリズム(虚無主義)からの脱却を説き、世界に価値を求めるのではなく、自ら価値を創造すべきだというマッチョな思想を展開した哲学者です。


ニーチェ『ツァラトゥストラ(下)』丘沢静也 訳/光文社古典新訳文庫/2011年 (イラスト:ポプラ社提供)

人間はもっとも勇気のある動物です。ニーチェは、人間は勇気によって動物や自然を征服してきたのだと説いています。無気力や苦悩、痛み、他人から向けられる同情を殺すのは勇気。

「これが人生だったか、ならばもう一度!」。ニーチェのいうように、勇気を持てばこそ、私たちは死をも恐れず、前を向いて人生に立ち向かっていけるのです。

次に紹介するのはフランスの哲学者・アラン(1868〜1951年)。アランは「日曜日のプロポ」というコラムを新聞で連載した人気コラムニストでもありました。

コラムのテーマは現代的で日常に寄り添ったものが多く、抽象的なことを難しく論じる哲学書とは一線を画していたのです。日本でも人気の高い哲学者ですね。


アラン『幸福論』石川湧 訳/角川ソフィア文庫/2011年(イラスト:ポプラ社提供)

アラン流・人生の楽しみ方

上機嫌、つまりポジティブな感情というのは、自然とやってくるものではありません。自らの意志と自制によってもたらされるものです。気分にまかせていれば、悲観的になりやすいのが人間。

これは、切ったリンゴを放置していれば、だんだん酸化して黄色くなってしまうのと同じ。感情を野放しにしているだけでは、「悲観的な気分」に陥りやすいものなのです。

では、どうすれば気持ちを酸化させずにすむのでしょう? アランが説いたように、自らで「楽しく」努める工夫が必要でしょう。

最後に紹介するのはイギリスの哲学者・ラッセル(1872〜1970年)。ラッセルはヘーゲルの影響を受けた論理学者として活躍し、数学や哲学の研究にとどまらずノーベル文学賞も受賞しています。一方でプライベートでは4回結婚しており、最後の婚姻にいたっては80歳! 生涯にわたって恋愛を謳歌した哲学者といえるでしょう。アランと同じく『幸福論』という著書が有名です。

ラッセルはなぜ「熱意」を重視したのか


B.ラッセル『ラッセル 幸福論』安藤貞雄 訳/岩波文庫/1991年(イラスト:ポプラ社提供)

冒険好きな人からすれば、どのようなハプニングも楽しいものでしょう。同様に、人生に対する熱意のある人は、予想外の事態が起きたとしても「新しい経験ができた」と前向きに捉えられるものです。


しかし熱意がないと、予想外の出来事がふりかかってきたとき、自分が損しているかのような感覚を覚えてしまいます。この熱意は、興味と言い換えることもできるでしょう。人生で起こるあらゆることに興味を持てる人は、持たない人よりも、より多くの喜びの機会を見つけられるのです。

常に哲学的スタンスを忘れることなく、「まいにち」を充実させていってくださいね。いつも手もとに哲学を。