出典:https://www.shutterstock.com

お正月は、一年の一家の平安と幸福をもたらしてくれる“歳神様”をお迎えするための行事です。行事の時期や意味、しきたりを覚えておきましょう。

前回は、『神社とお寺の初詣参拝作法』についてお伝えしました。今回はマナー講師の筆者が、“お正月の行事”についてお届けします。大人女子の皆さんは、知識として覚えておきましょう!

 

■お祝い箸

元日から松の内(関東は1月7日まで、関西は1月15日まで)には、柳の木で作られた丸い“祝い箸”を使います。お祝いの席で折れたりするのを忌み嫌うため、丈夫で折れにくい柳の木が使われているのです。

両端が細く、中央が膨らんだかたちをしています。両方の先端が細くなっているのは、一方は神様用、もう一方を人が使う“神人共食”という意味が込められているのです。

 

■お屠蘇(おとそ)

お雑煮は、神様に供えた土地の収穫物を元日に下げ、年男がくんできた若水(元日の朝に初めてくむ水で邪気を払うとされた)を用いて、ごった煮したもの。これを家族そろっていただきながらお正月を祝う習慣が、今も受け継がれています。お雑煮の具材や出汁などは、地方によってさまざまです。

 

■年始のあいさつ

年始回りは、本家と分家に分かれた一族が、お互いの家を行き来してお正月を祝ったのが始まりといわれています。現在では、親族、上司、日ごろお世話になっている人のお宅へ伺うのが一般的です。年始回りは、元日は“家族だけで過ごす日”とされているため、“2〜7日までの間で昼食時を避けた午後”から訪問するようにしましょう。

突然の訪問は避け、必ず先方の都合を聞いてから訪ねるのがマナーです。訪問したら、なるべく玄関先であいさつを済ませて失礼します。引き留められても、長居しないように気をつけて。また、喪中の家には訪問しないのもマナーのひとつ。

 

いかがでしたか? 暮らしの中にある行事を大切にして、2018年も素敵な一年になりますように♡

【画像】

※ yasuhiro amano/shutterstock