早大の安井

写真拡大

 ◇第94回箱根駅伝

 早大は「人類最強」の山上りで7大会ぶりの総合優勝を狙う。

 今季は各校に突出した“山の神”は不在とあって、安井雄一主将(4年)は「自分は3度目なので他の選手より経験値はある。神ほどではないが、人類最強の走りで区間賞を狙いたい」と力強い。出雲駅伝、全日本大学駅伝と表彰台からは遠ざかっているだけに「往路優勝を決定づけられる走りをしたい」と伝統の「W」復活を誓った。