松村邦洋、再びマラソン挑戦!30キロ激痩せで「ご心配停止」

写真拡大

2009年の東京マラソンに出走したが途中で倒れ、心肺停止状態にまでなった松村邦洋が、テレビ東京系にて2018年1月2日(火)13時30分より放送される『新春!お笑い名人寄席』に出演し、“ものまねマラソン”をすることがわかった。

本物の芸を身に付けた名人達の高座を東京・浅草演芸ホールから中継し、全国に元気と笑いを届ける同番組。その中で行われる“ものまねマラソン”は、松村が走り終えた後に、浅草ゆかりの超大物芸人Tや、年末の話題を独占したあの部屋のあの親方のものまねを披露するというもの。今年30キロのダイエットに成功し、痩せる前と比べればコンディションが整っていそうな松村だが、果たして走りきることができるのか?

松村は、「2009 年の東京マラソンでは皆さんにご心配をおかけしましたが、今回は“ものまねマラソン”に挑戦するので、“ご心配停止”でお願いします。新春に笑いを皆さんにお届けしますので、お楽しみに!」とコメントを寄せている。

番組では、そのほかにも毎年恒例の“お笑いコラボ企画”を実施。今年も異色のコラボ企画がいくつも用意されている中、特に、ケーシー高峰(83)と内海桂子(95)のコラボは必見。そろって平均寿命を軽く越えてしまった二人が、生の舞台で笑いのコラボを披露する。お約束の、ケーシー高峰がちょっとエッチな医療相談をするところに、内海がやってくるという設定で展開。大御所二人の緩衝材としての手腕が求められる、助手の看護婦を務めるニッチェにも注目だ。

さらに、その生舞台にナイツが乱入を計画しているとの情報も。また、阿佐ヶ谷姉妹と元女子バレーボール日本代表・大林素子による“阿佐ヶ谷三姉妹”や、2017 年に続き今年も登場するビックスモールンとA.B.C-Zの塚田僚一の組み合わせにも期待が高まる。

ナイツの塙宣之は、「生の舞台なので、何かあったら袖から飛び出す準備はしています! 命を救うか、笑いを盗むか、どっちかはやってやろうと思ってます!」と意気込みを語り、ニッチェの江上敬子は「95歳の桂子師匠と83歳のケーシー高峰さん、普通だったら介護が必要な年齢の二人が、浅草の舞台に上がって笑いを取ろうと言うんだから、面白いを越えて怖いです」と恐れおののいているようだった。