JR南武線、東急田園都市線の2線が利用できる溝口。駅前には大規模商業施設などが建ち並ぶ(筆者撮影)

この時期になると、「今年ブレイクしそうな町」を教えてほしいという依頼がくるが、実はこれに答えるのは年々難しくなっている。以前は大規模再開発、鉄道の延伸などがあるだけでそのエリアに期待が集まったから、それらの地域を挙げればよかった。だが、各地で再開発が行われている今、それだけでは話題になりにくい。

2017年12月には発売時に億ション多数が完売したと話題になった目黒駅前の再開発が完成したほか、今年は中央線国分寺駅前の再開発が町びらきを迎えるが、いずれもさほどニュースになっていない。再開発はまちを便利にはするが、面白くするわけではないからだ。「2018年に便利になる駅」として下北沢、船橋、浦和、千葉などを取り上げる記事も書いたが、駅が便利になるから住みたいというものでもない。

暮らしやすくなりそう、という視点で厳選

もちろん、利便性向上は土地・住宅価格、賃料を押し上げる。だが、それと住みやすさは別問題。住みやすさ自体も人によってそれぞれだ。

そこで、ここでは各種の住みたい町ランキング上位には出てこないものの、このところ、30〜40代を中心に町に関わる動きがあり、その動きがまちを面白く、暮らしやすくしてくれそうな場所を中心に、今、注目している町を5つピックアップした。

日本橋浜町

日本橋人形町界隈は都心の中では居住者が多く、銭湯や八百屋などといった昔ながらの業種に、盆踊りや地元神社の祭礼などの地域の行事が生きるエリア。そのうちでも注目したいのが日本橋浜町(東京都中央区)だ。


オフィスビルから1本入ったところに、しゃれた個店が増えている(筆者撮影)

中央区では2004〜2015年にかけて人口が50%以上増加した地域がいくつかあるが、日本橋浜町もそのひとつ。特に子育て世帯の増加が目立っている。これ自体は2012年以降の、東京駅1キロメートル圏での住宅の増加に連動しているのだが、浜町が面白くなり始めているのには、それとは違う要因がある。

それが明治時代からこの地の大家さんである安田不動産の存在だ。同社は1997〜2005年にかけて、かつての貸地を共同化、オフィスビル、住宅などの複合ビルを竣工させてきた。加えてこれらのオフィスビルの競争力を高めるため、この2〜3年ほどはさまざまな取り組みを行っている。

2016年からは3カ月ごとに「浜町マルシェ」を始め、主催者には同社に加え、地元町内会、商店街も名を連ねる。2015〜2016年にかけて元・社員寮やバイク置き場などの遊休地を利用して、評価の高い蕎麦屋などの飲食店3店を誘致。2017年には「街のリビング」をコンセプトにした複合ビル「Hama House」をオープンさせてもいる。いずれもこの町に住む人、働く人にはうれしい存在で、そこから人の交流が生まれていると聞く。

経済効率を考えたら個店を作るより高層化したほうがよい。蕎麦屋を作ってもオフィスの賃料が上がるわけではない。だが、町の魅力は大型ビルにあるわけではないのは、多くの人が感じている通りだ。路地の個店に人が集まることを考えると、大きな面の開発であっても、その隙間に個店を適宜配せれば魅力を生み出すことができるはず。同社の試みはその実践なのである。実際、少しずつ話題に上がることが増えており、効果は出始めているようだ。

関わる人が多い町は面白くなる

溝口

あちこちの町を取材しているが、溝口(川崎市高津区)ほど地域に関わるプレイヤーが多いまちは珍しい。たとえば2017年12月にオープンした空き家だった古民家を利用した複合施設「nokutica(ノクチカ)」(溝口の通称ノクチにちなむ)を運営する会社を立ち上げたのは、溝口に本社を置く不動産会社エヌ・アセットの宮川恒雄氏と松田志暢氏、そして地元で賃貸業を営む越水隆裕氏と石井秀和氏の4人だ。住宅街として発展、認知されてきた溝口に働く場を作ることでまちに活気をというプロジェクトである。


レンタルオフィス、コワーキングやレンタルスペースからなる複合施設「nokutica」。元診療所の広い玄関を利用、1階にはカフェが入る(筆者撮影)

不動産会社と大家にとって町の価値向上は、不動産の価値向上とイコールである。物件が古びていっても、町の人気が高まっていれば賃料の下げ幅は少なくて済むからだ。だが、そこまで考えて町に関わる不動産会社や大家はさほど多くはない。

ところが、この物件に関わった4人はそれぞれに町のゴミ拾いや各種イベント開催、地域SNS主催などを通じて溝口に関わり続け、実績が認められている人ばかり。彼らが集まるならと地元にも期待があったのだろう。オープニングイベントには多くの人が集まり、その時点でレンタルオフィス5室は地域でモノ作りをしたいという人たちで満室という人気ぶりだった。

住んでいる人が町に関わる活動もある。地元のランドマークである大規模マンション「パークシティ溝の口」を中心とした3件のマンション管理組合間の連携がそれだ。毎年、合同して防災イベントを開くなどしており、最近はマンション間を超えて地域のつながりが生まれてきている。ここで活動している人たちがノクチカとも連携しているなど、プレイヤー同士が繋がって新しい企画を実現している例もあり、定期的にさまざまなイベントが開かれるようになっているのはその結果だ。面白い店も増えている。

川崎市は全体としてまちに関わろうとする人の多いエリアだが、そのうちでも南武線の武蔵溝ノ口駅―武蔵小杉駅間は活況。今後、もっと話題になっておかしくない。

調布


線路跡を利用したイベントスペース。ここを利用して子どもたち向けのイベントが開催された(筆者撮影)

2017年9月29日に駅前の商業施設開業が話題になった京王線調布駅(東京都調布市)。商業施設ができて便利になったのはもちろんだが、それ以上に注目したいのは、駅前の大きな広場を囲むように商業施設、映画館、市役所、市民ホール、総合病院、バスロータリーなどが集まるという空間構成である。海外には駅や市役所の前などに大きな広場があり、そこで各種マーケットその他のイベントが行われ、住む人同士が出会える作りが多いが、日本では希少。ところが調布駅はそれに近い形だ。

となると、問題はそれをどう使うか。駅前でもあり、使い方次第で町は賑やかに、面白くなる。と思っていたところ、2017年12月9日、開業わずか2カ月ほどで子どもたちを対象にした「いっぴんいち」なるイベントが町のリデザインを手がける合同会社パッチワークスの企画で行われた。子どもたち自らが店を出す「こどもマルシェ」には応募が殺到し、2度にわたって枠を広げたそうだ。

東横線や田園都市線の影に隠れていたが…

パッチワークスは、2015年12月に多摩川河原で寝袋にくるまって子連れで映画を見る「ねぶくろシネマ」を手がけ、話題になった。それから2年余り、日本全国で20回近い上映を行い、その企画力、行動力には定評がある。その力が地元で生かされれば、調布はもっと子育て世帯に住みやすいまちとして知られることになろう。

ちなみに調布市には、ほかにも町づくりに関わる企画会社があり、その時点で愛されている町であることが分かる。東京にいるとあまり認識できないが、町づくりの現場で大事なことはどれだけその町を好きで、関わろうという人がいるかどうか。調布は熱いのである。

東急池上線沿線

東急東横線、東急田園都市線に比べ、認知度ではかなり劣る東急池上線(東京都大田区、品川区)。駅ビル建て替えに伴って、近い将来なくなることにはなっているが、いまだに構内に踏切がある駅が残る路線は首都圏広しといえども数少ないはず。大半の駅は改札が細い道路に面しており、ロータリーどころか、タクシーが入ってくるのさえ大変なほどである。


池上本門寺への参詣のために作られた池上線は五反田―蒲田間を走る(筆者撮影)

だが、田園調布に少し遅れて開発された久が原、池上、洗足池などがあることから分かるように、沿線は歴史ある住宅街。そのためか、特に食に関してはレベルが高く、イタリアンレストラン直営の総菜店があったり、手土産にいつでも冷えたシャンパンが買える酒屋があったり。さらに最近ではパリ、ニューヨークからも引き合いのある和菓子店やメディア頻出の塩専門店などが登場するなど、さらにレベルアップしている。

2017年秋以降、東急電鉄はその池上線の振興を打ち出している。大田区や品川区とも協働し、観光名所の代わりに「生活名所」なる言葉で沿線の暮らしやすさをPRしようというのである。

前述の、構内に踏切のある池上駅の駅舎建て替えや、大田区による洗足池近くでの勝海舟記念館(仮称)建設計画などもあり、ネタはある。坂が多いという難はあるが、住宅地としては優れた環境にあり、少しずつではあるが変化は起こりつつある。2018年では難しいとしても、近い将来必ずブレイクするはずのエリアである。

ブレイクしないとヤバいことになる

番外編 所沢

ブレイクする、しないではなく、しないとまずいのではないかと思っているのが所沢(埼玉県所沢市)だ。所沢では2000年前後から駅近くではなく、かつての中心市街地で防災の意味もあってタワーマンション建設が相次ぎ、風景が大きく変わった。当時の取材では中心部に賑わいが戻ってきているように見えた。だが、ここ10年ほど人口の減少は顕著である。

その状況下、所沢では駅西口と、西口のうちでも北側の東町、東口で東口駅前ビル計画と3つの大きな事業が進行している。西口の開発エリアは約8.5haあり、大規模商業施設を核とし、道路や公園の整備はもちろん、2021年3月入居予定で地上29階、全311戸というタワーマンションも建設される計画だ。

タイミングとしては東京五輪後の完成となるわけで、その時に経済状況には諸説あるが現状であまり選ばれているとはいえない場所に、これだけの規模。池袋まで直通23分、西武池袋線、西武新宿線の2線に加え、東京メトロ有楽町線、同副都心線も使える好立地ではあるが、どうだろうか。

ちなみに所沢市内ではもうひとつ、武蔵野線の東所沢から歩いて10分ほどの旧所沢浄化センター跡地に文化施設やホテルなどが集積する再開発施設「ところざわサクラタウン(仮称)」の建設計画がある。

KADOKAWAが新しい製造・物流拠点を構えると同時に図書館・美術館・博物館を融合させた日本初の施設を建設し、クールジャパンの総本山とも言える文化コンプレックスと街づくりの実現を目指すという。立地の悪さは気になるが、壮大な計画である。成功すれば所沢市全体も大きく浮上しそうだが、さて。