「芸能人格付けチェック」の顔といえばGACKTさん。今年も圧倒的な強さを見せるのでしょうか?(写真:日刊スポーツ新聞社)

2005年から毎年正月に放送され、すっかり名物番組になった「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系、朝日放送)。視聴率は、関東で15〜19%、関西で19〜24%と同時間帯のトップで推移するなど、安定した人気を保っています。

「芸能人がプライドを懸けて6つのチェックに挑む」「高級商品と大衆商品の2択から選び、不正解なら普通、二流、三流、そっくりさん、映す価値なしとランクダウンしていく」という同番組の構成は、非常にシンプル。しかし、正月番組における3つの必勝ポイントを兼ね備えた稀有なコンテンツとも言えるのです。

人々の嗜好が多様化してセグメンテーション(市場細分化)が進み、少量多品種が推奨されるなど、ヒット商品が生まれにくい世の中になりました。テレビ番組も例に漏れず、幅広い層から支持されるものは小さくなる一方ですが、「芸能人格付けチェック」にはそんな閉塞感を打ち破るヒントがギュッと凝縮されています。

「元日固定」で得た希少性とお祭り感

1つ目の必勝ポイントは、元日に固定したこと。

実は「芸能人格付けチェック」が元日放送になったのは2008年以降であり、当初は1月2日や3日に放送されていました。これを元日に固定したことで、徐々に「芸能人格付けチェック」=元日というイメージが浸透。「年に一度。しかも、めでたい元日のお楽しみ」という希少性とお祭り感を手に入れました。

現在、放送月日を固定している番組は、「NHK紅白歌合戦」や「笑ってはいけないシリーズ」(日本テレビ系)、「輝く!レコード大賞」(TBS系)など、ごくわずか。「元旦はこの番組」と言えるのは当番組と、2011年から元日放送として追随した「元日はTOKIO×嵐」(日本テレビ系)くらいなのです。

過去を振り返ると、1964年から2010年まで47回に渡って放送された「新春かくし芸大会」(フジテレビ系)は、元日番組の象徴でした。私自身、幼少期は両親の影響で同番組を見ていましたが、正直「面白くないな」と思っていたことをよく覚えています。しかし、いまだに「元日は『かくし芸大会』」というイメージは消えず、昨年の元日も「むしろ今、見てみたい」と思ったほど、その希少性やお祭り感に今さらながら気づいてしまいました。

同じような月日の固定戦略を採用しているのは、現在ブーム再燃中の新日本プロレス。1992年から毎年1月4日に東京ドーム大会を行い、「年に一度のビッグイベント」「1月4日は新日本の日」というイメージづけに成功しました。その間、K-1や総合格闘技ブームに押されて空席が目立った時期もありましたが、開催を継続したことが現在の隆盛につながっているとも言えるのではないでしょうか。

2つ目の必勝ポイントは、大人数で遊べるゲーム性。

当番組は単純な2択のため、子どもから大人、高齢者まで、すべての世代が平等に楽しめるコンテンツであり、親子や親戚、友人などが集まる元日に最適。しかも必然的に正解率が高くなり、喜べる瞬間が多く、「なかなか正解できない」と正月からストレスを感じることはありません。

また、当番組は大御所、強気のキャラ、美男美女の俳優、今をときめくアイドルなどが不正解で打ちひしがれる姿が見どころになっていますが、これは一般家庭でも同じ。「父親が子どもに負ける」「兄が弟や妹に負ける」など、芸能人同様に明暗が分かれ、下剋上が起きるため、盛り上がりやすいのです。

もともと元日には、すごろく、羽子板、福笑いなど、老若男女が集まり、年齢性別を超えて大人数で遊ぶ習慣がありました。「芸能人格付けチェック」はその代替品であり、21世紀のアップデート版とも言えるのです。

世の中を見渡してみると、福袋などの正月らしい運試しや大盤振る舞いは継承されていますが、視聴率の低下が叫ばれるテレビ番組に関しては、あまり景気のいいものは見られません。その点、当番組は芸能人と同じ6つのチェックで、「タラバガニ」「豪華海鮮セット」「近江牛サーロイン」「旬のフルーツ詰め合わせ」「旅行券」「ギフトカード」などの「豪華お年玉」が当たるチャンスがあるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

賛否両論を巻き起こすエンタメ性

3つ目の必勝ポイントは、賛否両論を巻き起こすエースの存在。

正月特番がスタートしたばかりのころは叶姉妹が一流芸能人の座を獲得していましたが、現在のエースと言えば51連勝中のGACKTさん。「ハラハラドキドキさせられながらも、連勝を続けてスカッとする」と「ここまで正解するのはあやしい。やらせではないか」。このような賛否両論を巻き起こす虚実皮膜の世界観が、視聴者を強烈に引きつけています。

特にやらせ疑惑は毎年巻き起こりますが、それこそが人気番組の証。昔から人気番組ほどやらせ疑惑が持ち上がりますし、SNSの反響が重要な現在では、なおさら疑惑とスレスレくらいのほうがエンタメ性は高くなるものです。

先述したプロレスや福袋もそうですが、「賛否の“否”などのグレー要素も楽しんでもらう」のがエンタメの醍醐味であり、真実はさほど重要ではありません。このエンタメ性は、より競争が激しくなり、消費者の目線が厳しくなるビジネスシーンにおいても重要で、賛否を呼ぶ仕かけや、あえてのグレー要素が求められる時代になりつつあります。

たとえば、パクチーやレバーの専門店、ガリガリ君グリーンスムージー味、AIスピーカー、ロボットホテル、プレミアムフライデー、宿題代行サービス、飲食店の売れ残りがもらえる定額サービス……いずれも賛否両論を巻き起こし、それなりの業績をあげたものは少なくありません。

話をGACKTさんに戻すと、当番組には2009年から出演し、吉田秀彦さん、つんく♂さん、紀里谷和明さん、魔裟斗さん、西川貴教さん、鬼龍院翔さん、北山宏光さん、中山優馬さん、堀江貴文さんとパートナーを変えながら連勝を続けてきました。今年は「5年間口説き続けた」というYOSHIKIさんを迎えましたが、例年以上に失敗する姿が想像しにくい人だけに、注目度はさらに上がっています。

その他の出演者は、「チーム仲良し」の浅野ゆう子さんと高島礼子さん、「チーム花盛り四人姉妹」の藤原紀香さんと藤あや子さん、「チーム70年代」の中山美穂さんとDAIGOさん、「チーム渋い俳優」の平泉成さんと岩城滉一さん、「チーム中尾家」の中尾彬さんと池波志乃さん、「チーム乃木坂と芸人」の乃木坂46(生駒里奈さん、白石麻衣さん、生田絵梨花さん)と予選通過芸人1組。元日の年1回放送だからこその豪華なメンバーがそろいました。

今回のチェックは、「ワイン」「和楽器」「味覚」「三重演」「盆栽」「牛肉」の6つ。

ワインは、「1本100万円クラスのビンテージ」と「1本5000円のテーブルワイン」

和楽器(琴・尺八・三味線)は、「プロの和楽器奏者『日本音楽集団』」と「アマチュアの和楽器サークル『関東学生三曲連盟』」

味覚は、「ミシュラン常連など超有名店の高級素材」と「絶対アカン食材」

三重奏(ヴァイオリン・チェロ)は、「総額39億円の世界的名器」と「総額80万円の初心者用楽器」

盆栽は、「内閣総理大臣賞などの受賞暦を持つ作家の1億円」と「餅やあんこで作ったお菓子の盆栽」

牛肉は、「神戸牛ステーキ(100グラム1万7500円)」と「スーパーの牛肉ステーキ(100グラム 680円)」

いずれも両者の間には、これ以上ないほどの格差がありますが、見る側として心得ておきたいのは、決して「どちらが美味しいか、どちらが素晴らしいか」ではないこと。当然ながら「高ければいい」と言うわけではないですし、「庶民的な価格の肉やワインが好き」という人も多いでしょう。

親子で視聴するときは、子どもに「人の価値観はそれぞれであり、番組はあくまで『一流の芸能人は高級品を知っているもの』というコンセプトで作られている」ことを伝えたほうがいいかもしれません。その意味でも、やはり気軽にゲーム感覚で楽しみたい番組なのです。

お笑いファン垂涎の「大予選会」にも注目

最後にふれておきたいのは、私が本編以上に楽しく見ている「大予選会」(元日16時〜17時30分に放送)。ダチョウ倶楽部、FUJIWARAらのベテランから尼神インター、ガンバレルーヤなどの若手まで12組の芸人コンビが本編への出場権1枠を賭けて過酷な戦いを繰り広げます。

特に不正解時の罰ゲームは、爆破あり、落下あり、カースタントありの過激さ。かつてカルト的な人気を集め、現在では放送不可能と言われる「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(日本テレビ系)を彷彿とさせ、お笑いファンの間では「これを見ないと正月が来た気がしない」とまで言われる元日の風物詩となっているので、ぜひチェックしてみてください。