「子どもに英語をマスターしてほしい!」――そんな願いを持っている親御さんは少なくないだろう。しかし、そんな人でも「英語がペラペラになればそれでいい」などとは思っていないはず……。むしろ、本当にわが子に身につけてほしいのは、世界のどこでも生きていける頭のよさ、つまり「本物の知性」なのではないだろうか。
実際、応用言語学や脳科学、教育心理学などのアカデミックな研究では「外国語学習の機会が、子どもの知力やIQを高める」といった知見が蓄積されつつあるという。
いま、こうした科学的根拠(エビデンス)に基づいた指導によって、子どもたちの英語力を着実に伸ばし、人気を集めている英語塾があるのをご存知だろうか。元イェール大学助教授の斉藤淳氏が代表をつとめるJ PREPだ。
本連載では、同氏の最新刊『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語――わが子の語学力のために親ができること全て!』から、一部抜粋して「ほんとうに頭がいい子」を育てるための英語学習メソッドを紹介する。

親の英語力も「子ども英語」で伸びる

じつはお伝えしたかったことは、これまでの連載で大方お伝えしてきました。あとは『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』の「実践編」の内容をどこまで行動に移していただけるか、それだけです。ただ、その際のモティベーション材料としていただけるよう、今回は、よくある誤解をもう一つだけ取り上げておきます。

何度も言うように、人間が言語を習得するための最良の方法は、ある程度は「答え」が出ています。ここでご紹介している方法は子ども向けにアレンジされてはいますが、ベースにあるのはSLA研究で最大公約数的に確からしいとされる原理・原則です。

ただ、言語の学習には個人差が大きいため、モティベーションの維持や環境づくりも含め、保護者が役割を果たす場面が数多くあるのも事実です。
にもかかわらず、塾にいらっしゃる保護者のなかには、「子どもには英語をマスターしてほしいんですが、私はまったく英語がダメで……」とおっしゃる方がかなりいます。もっとはっきりと、「私はもう手遅れですから……」とお話しされるお母さんもいます。

塾に任せてくださるのはとてもありがたいのですが、要するにご自身は「英語を学ぶこと」を完全にあきらめているわけですから、僕は内心ちょっと残念な気持ちになります。
英語学習に手遅れはありません。「学びたい」と思ったときが、英語をはじめる最高のタイミングです。お母さん・お父さんだって、いまから英語をはじめてもいいのです。

そうはいっても、忙しい毎日のなかで、新しく何かをはじめるのはとても大変でしょう。そんな人にとって、これから英語を学ぶお子さんの存在は貴重です。彼らは、みなさん自身が英語をもう一度やり直すための「絶好のチャンス」を与えてくれるからです。
机に向かって一人で「お勉強」をするのはなかなか大変ですが、「親子の時間」のなかに英語の学びを組み込めば、気軽にはじめられるはずです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)