新井浩文、女性ファンと富山で乾杯「俳優の理念」を聞かれ「全くない」

写真拡大

新井浩文がTwitterで集めた酒場情報をもとに、日本各地の酒場へ繰り出す『美しき酒呑みたち』(BSフジ)の特別編が、2018年1月1日(月)23時より放送される。

特別編となる今回の舞台は、富山。ゲストは、昨年5月に発売された番組DVD購入特典の当選者である女性・澤田さんだ。一人では心細いという新井は、かねてから天才と慕う先輩俳優の山本浩司を助っ人に呼んでいた。

新井と呑み友達の飾らないやりとりが好きで番組ファンになったという、富山出身の澤田さん。今回は地元の美味しい魚で新井と山本をもてなそうと、空港内にある澤田さん行きつけのお寿司屋さんへ2人を案内する。

1杯目は、梅酒ロックと生ビールで乾杯。富山が誇る冬の味覚の王者、油がのった「氷見ぶり」を堪能する3人。さらに日本海を代表する高級魚「のどぐろのあぶり」を塩麹でいただく。日本海のお寿司に合わせるお酒は、富山の地酒「玉旭ECHOES」。もろみを発行させる前に絞った原酒で、甘酸っぱい飲み口が特徴のお酒。新井は「すごい。日本酒じゃないみたい。ワインみたい」と、富山のお寿司の格別な味わいに驚く。また、食欲も会話も尽きない新井と山本は、澤田さんが社長であることを初めて知り、この日の夜、澤田さんが社長仲間を呼んでいることを聞かされる。

そして、富山ガラス工房やマカロンの店を巡った後、澤田さんの案内で美味しいお肉が食べられる店へ。普段プライベートでも赤提灯にしか行かないという新井は、おしゃれな雰囲気の店を見て戸惑う。そこへ、澤田さんの社長仲間である、医療系社長とIT社長が合流。社長が3人も揃うと、政治やお金などハイレベルな話題ばかり。戸惑う2人を横目に、3人の社長の興味は、役者という仕事についてだった。真剣に語る新井に、医療系社長は「新井さんの理念って何ですか?」と質問。新井は「理念? 理念って……まず、どういう意味?」と返し、「……全くないですね」と答える。続けて「こんな話、楽しいんですか? うちら全然楽しくないですけど(笑)」と言うと、社長3人は「すごい楽しい」「だって知らない世界だから」と満喫するのだった。

ファンとの会を無事に終えた2人は、富山の夜をさらに満喫。オススメのバーで反省会を開くことに。新井は「俳優って何なんですかねぇ。難しいですねぇ。なんか……今日、身につまされたっていうか……」としょんぼり。「理念ないって言ってたけど、新井くん、理念と似た感じでポリシーみたいなものは新井くんから感じるよ」という山本に「だから多分、うち理念って言葉を知らないだけで……今調べましょうか」と答える新井。2人で携帯電話を開き「リネン」を調べるが、新井は「あっ、まずシーツが出てきた。カタカナだからだ!(笑)」と天然ぶりを発揮、再び漢字で調べ直したのだった。理念の意味を知った新井は、俳優としての理念について何を語るのか?