Getty Images
▽シャルケのドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(22)が来夏にフリートランスファーでバイエルンに加入することが決定したようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。

▽今シーズン終了後にシャルケとの現行契約が終了するゴレツカだが、クラブからの再三に渡る新契約オファーを固辞しており、来夏にフリーで移籍する可能性が濃厚となっている。

▽シャルケと昨年コンフェデレーションズカップで圧巻のパフォーマンスを披露したこの逸材MFに関しては、ドイツの盟主バイエルン、バルセロナに加え、トッテナムやアーセナル、リバプールといったプレミア勢が関心を示してきた。

▽昨年11月にはドイツ代表でゼネラル・マネージャーを務めるビアホフ氏が、「イングランドは巨額のテレビ放映権料が入ってくる影響もあり、レオン・ゴレツカのような若くて才能に溢れるプレーヤーがイングランドに渡ってしまう」と、ゴレツカのプレミア行きを示唆するコメントを発表し、その後は同選手のイングランド行きが濃厚とみられていた。

▽しかし、『シュポルト・ビルト』の伝えるところによれば、ゴレツカはすでにバイエルン行きを決断し、来夏にフリートランスファーで加入することになるという。

▽なお、国際サッカー連盟(FIFA)の規則では所属クラブとの契約が残り半年となった選手は、その段階で他クラブと自由に交渉を行うことができるため、ゴレツカとバイエルンは今冬の移籍市場において加入内定をアナウンスする予定だ。

▽プロデビューを飾ったボーフムで“100年に1人の才能”と評されたゴレツカは、攻守両面で質と量を兼ね備える万能型MF。昨シーズンにシャルケでそのポテンシャルを開花させると、今季もクラブとドイツ代表で安定したパフォーマンスを披露している。