【第68回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】嵐が、「嵐×紅白スペシャルメドレー」と題し「GUTS!」と「Doors 〜勇気の軌跡〜」を歌唱した。
 
 司会の衣装から歌唱用の衣装にチェンジした二宮和也。二宮のその姿を見た内村に「アイドルしてるね〜」と突っ込まれる。更に内村はメンバーに「どうなの?」と意見を求めるとメンバーの大野智は、「この勢いで毎年やってほしい」とコメント。二宮和也は「2018年は元気に前向きに歌いたいと思います」と意気込みを語った。

 応援ソングをテーマに、43枚目のシングル「GUTS!」では180人のパネルダンサーと共にステージを作り上げていく。5人の歌と180人のパネルダンサーのパフォーマンスは日本中をポジティブなエネルギーで満たしていく。<立ち上がれ 君はひとりじゃないさ♪>それを体現するするかのように、180人のダンサーもパネルを使用し言葉を紡いでいく。

 それを背に受け更に加速する5人は「革命を起こせ」と、新たな扉を開くかのように、11月にリリースしたばかりの53枚目のシングル「Doors 〜勇気の軌跡〜」へと繋いだ。全国の夢を追いかける人達へ向け、5人は祈るように歌い捧げた。

 メンバーは目を輝かせ、2018年への希望を胸に、白組の勝利という幸運の手綱を引き寄せるかのようなジェスチャーでステージを締めくくった。2018年もきっと嵐を巻き起こしてくれる。そんな予感を感じさせたステージだった【松尾模糊】