第68回NHK紅白歌合戦が31日、NHKホールから生放送され、二宮和也が率いる白組が3年ぶりに勝利した。前半が終えての途中経過でも白組が優勢だった。

紅組が143万2371票、白組が223万7644票。勝利を言い渡された二宮は両手を挙げて喜び、宮本信子から優勝旗を受け取った。二宮は「初めて持ちました。重たい」と勝利の重みを体感していた。

 リハーサル時の囲み取材で、勝利の秘策を聞かれた二宮は「審査方法」を挙げて、昨年「審査方法がよくわからない」と厳しい声が上がっていた出来事を触れて笑いを誘ったが、今回は審査方法が変更された。