【第68回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】桑田佳祐が全国ツアーの最終公演場所の神奈川・横浜アリーナから中継でのNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌「若い広場」を歌唱し、紅白を盛り上げた。

 この日は『ひよっこ』に出演した、女優の木村佳乃と俳優の沢村一樹が応援に駆け付けた。木村は「私はこの曲を聴くと架純ちゃんにチューをしたことを思い出します」と紅組司会で同ドラマ主演を務めた、有村架純にアドリブでキスをしたと明かした。

 桑田は全国ツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』の最終公演を横浜アリーナでおこなっており、その公演先から生中継。有働由美子アナウンサーがステージと紅白の中継を繋いだ。

 桑田は「んちゃー!」と挨拶。有働アナウンサーが「内村さんもいます」と振ると、「ウッちゃん、居たの?」と冗談を飛ばし、内村は「直接会いたかったよー」と仲の良い様子を見せた。

 桑田は紅白の中で放送された『ひよっこ』の特別ドラマに出演し、浜口庫之助に扮して「涙くんさよなら」を歌唱。有村は「大感激しておりました」とドラマの感想を述べた。

 有村架純は「何度もこの曲に助けられました」と曲紹介し、桑田へつないだ。桑田は、横浜アリーナの観客の手拍子の中で歌唱。

 ステージにはドラマの中で出てくる、近所の薬局のマスコットの「いちこ」も設置されており、ドラマの世界観を表現していた。最後には、有働由美子アナウンサーもステージでダンサーに交じって桑田を盛り立てた。

 昭和を舞台としたドラマである『ひよっこ』。ゲスト審査員で同ドラマにも出演した宮本信子は「何かいい時代だなとそういうことを思います。今この曲を聴いて、架純ちゃんが一生懸命やっていた事なんかも思い出して…。桑田さんどうもありがとうございました」と改めてドラマの記憶がよみがえった様子だった。