【第68回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】紅白出場8回目となる西野カナは、今年のステージでは総勢30人のガールズダンサーをバックに、楽曲「パッ」を披露。曲中の中盤では華麗な衣装の早替えにも挑んだ。

 紅白のステージでは西野カナと30人のダンサーによる“ガールズパーティー”が展開された。50、60年代テイストの原色を基調とした色とりどりの衣装を身にまとい、ガーリーなダンスでカラフルに舞台を彩った。早替えシーンは息を飲むような一瞬の間。衣装チェンジをする瞬間は緊張の色が見られたが、“パッ”と華麗に生着替え成功。

 本番でのガーリーなステージと、今年「MVのダンスがカワイイ」と話題になったキュートな振り付け、女子感満載の歌詞の「パッ」の歌唱、そして“一瞬の早替え”に花が咲いたようにカラフルなステージだった。【平吉賢治】