4連勝したもののタオルで目を押さえる朝青龍(C)AbemaTV

写真拡大

 「朝青龍を押し出したら1000万円」(31日)

 AbemaTVの特別企画の第4試合で、朝青龍はブラジリアン柔術のリダ・ハイサム・アイザックに厳しい攻めで圧勝した。

 前に出て来た相手に左からの出し投げで対応すると、一気に土俵際まで追いやった。最後はのど元への突きで土俵下まで追いやった。

 取組で目元に指が入り、取組後もしきりに左目のあたりを気にしていた。「この中で一番いい立ち合い。目に指入っちゃって、火ついちゃった。現役時代の朝青龍にドルジが戻っちゃった。コノヤローって思っちゃった」とにこやかに語った。相手が相撲の作法に不慣れだったこともあり、「もう少しそんきょからやれれば。相撲なのでね、礼儀正しくやりたいと思います」という苦言も呈したが、「いい子なんでね」とフォローも忘れなかった。

 アイザックは「横綱強かったです」とひと言。「早すぎてまったく覚えていないです」と朝青龍のスピードに舌を巻いたが、再戦については「30キロぐらい増やしてもう1回やりたいです」と意欲的だった。