中国は日本以上の学歴社会であり、同時に人口も多いためか、都市部では特に競争が非常に激しい。子どもたちは毎日大量の宿題や習い事に追われている。中国では教育といえばあくまでも「知識」を学ばせることであり、道徳やスポーツを通じた教育はあまり重視されていないように見受けられる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国は日本以上の学歴社会であり、同時に人口も多いためか、都市部では特に競争が非常に激しい。子どもたちは毎日大量の宿題や習い事に追われている。中国では教育といえばあくまでも「知識」を学ばせることであり、道徳やスポーツを通じた教育はあまり重視されていないように見受けられる。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で生活している中国人が「自分たちの子どもには、中国ではなく、日本の教育を受けさせると決めた」と綴った手記を掲載し、日本がどのように子どもを教育しているかを紹介している。

 まず記事は、日本では子どもに自立心を教えることを重視しているとし、子どもたちは自分で歩いて登下校するように教育していることを紹介。また、日本では登下校中の安全を守るために、子ども自身に防犯ブザーを持たせたり、「通学路」であることを表示し、注意喚起していることを紹介している。中国では子どもの送り迎えを親や祖父母が行うのが一般的だ。なかには高校生になっても親に送り迎えをしてもらっている子も存在するほどだ。

 続けて、日本の「食育」を紹介した。日本の学校では子ども自らが育てた野菜を自分達で収穫し、調理して食べる教育がなされていて、食べ物を大切にする考え方が幼い頃から培われていることを紹介。さらに、お年寄りと交流することや、環境美化運動に参加することによって、子どもに社会の一員であることの自覚を教えていることも伝えた。

 さらに記事は、日本では子どもの頃から「性教育」を行っていて、子どもを守るために正しい知識を教えていると紹介。中国では性に関する話題は長年タブーとされてきた節があり、性教育も遅れており、エイズなどに対する知識が欠如している人も少なくないようだ。

 中国は日本以上の学歴社会であるため、子どもたちの教育は知識偏重と言える。日本のように社会との関わりや自立心を養うような教育よりも、いかに他人より広く、深い知識を持っているかが重視される傾向にあるようだ。日本と中国のどちらの教育が良いのかは判断が難しいものだが、日本でも中国でも親であることに伴う責任と悩みは非常に大きいと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)