【第68回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】今年5月に頚椎人工椎間板置換手術後を受けたX JAPANのYOSHIKIがこの日、代表曲「紅」でドラム復帰を果たした。

 昨年に引き続いて8度目の出演となった今回の紅白。「ENDLESS RAIN 2017 紅白スペシャルバージョン」として届けたX JAPAN。YOSHIKIはピアノだけの演奏と思われたが、その曲を終えた後に、ドラムセットがステージ奈落から登場。そこに向かうYOSHIKIは椅子に座ると、スティックを握る。なんと「紅」のドラム演奏を聴かせるサプライズをみせた。

 X JAPANがリハーサルは公開されておらず、どのようなパフォーマンスになるかは不明だった。30日におこなわれた囲み取材では、ドラム復帰の報道を「僕も聞いたんですけど…噂ですよね」とし「テレビの前で爆笑して欲しい。普通のドラムなら全然叩けます。『紅』とかはマズいですけど(笑)」と語るも「楽しみにしていて下さい」と含みをもたせたが、まさかのサプライズに会場は歓声が上がった。

 YOSHIKI自身も演奏を終えたあと、XポーズのあとにVサイン、笑顔をみせた。

 なお、その前に披露した「ENDLESS RAIN」は89年にリリースされた珠玉のバラード。ライブでも必ずと言っていいほど演奏されている代表曲で、オーディエンスによるシンガロングが巻き起こる。この日もシンガロングが起きていた。