今年のNHK紅白歌合戦の総合司会を務める内村光良が、予てからお気に入り曲として公言していた『不協和音』。

欅坂46の歌唱時にも「一緒に踊りたかっったー」と悔やんだが、人気コント番組「LIFE」のキャラクターで、今回「紅白スーパーバイザー」を務める”三津谷寛治”から「内村の光良氏の欅坂46との競演が叶わなかった件、如何なものでしょう?」とお伺いを立てる。しかし二宮和也と有村架純は「だってやらないって言ったには内村さんだもん」と言い訳するが、なんとステージには内村と欅坂46がスタンバイ、サビから終わりまでの『不協和音』を完コピ。内村×欅坂46の夢の競演が実現した。

最後のポーズでは平手友梨奈と並んで、鋭い視線を投げかけかっこ良くポーズ、平手と何やら会話した。最後は”三津谷寛治”のキメ台詞「NHKなんで!」をメンバー全員でキメた。思いもよらぬ競演に会場もどよめいた。