【第68回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】昨年に引き続き、中断のニュース前に特別企画「紅白HALFTIME SHOW」が放送された。昨年はピコ太郎が登場したが、今回は海外から米シンガーソングライターのオースティン・マホーンが出演し豪華でグローバルなステージとなった。

 司会の嵐・二宮和也が金のハットにサングラス姿で登場。「みなさーん」と呼びかけ、カメラが客席に向くと、レディー・ガガに扮した渡辺直美が客席から踊りながら登場。ステージでダンサーとともにダンスを披露した。

 ブルゾンちえみと「Dirty Work」を歌うオースティン・マホーンが登場。「ハロージャパン。歌って」と問いかけ、オースティン・マホーンが歌う「Dirty Work」の生歌をバックにブルゾンちえみが、いつものネタを「紅白バージョン」で披露。

 NHKについて「スタッフ何人か知ってる?」「35億…うそ」「3040人」や「大物決まるの」「いつもギリギリ」と今回の安室奈美恵や桑田佳祐の出演について話した。

 最後にはwith Bことブリリアンの背中にそれぞれ「紅」と「白」の文字が書かれた背中を見せ締めた。