清水桜が丘FW白井海斗【写真:編集部】

写真拡大 (全2枚)

清水桜が丘が1回戦敗退、PK戦の末に高川学園に競り負ける

「お前がいたから、ここまで来れたんだぞーーー!!」

 試合後、応援席から大きな声が響き渡った。それは、敗退で失意に沈むエースに投げかけられた言葉だった。

 第96回全国高校サッカー選手権大会は31日、各地で1回戦が行われ、フクダ電子アリーナで開催された第1試合で清水桜が丘(静岡)と高川学園(山口)が対戦。清水桜が丘は1-1で迎えたPK戦の末、3-5で競り負けた。

 清水桜が丘は2013年、選手権3度の優勝を誇る名門・清水商と庵原が再編、統合されて設立。清水商はかつて元日本代表MF名波浩(現ジュビロ磐田監督)や同DF大岩剛(現鹿島アントラーズ監督)、同MF藤田俊哉(現VVVフェンロコーチ)ら日本サッカー界を象徴するレジェンドを多数輩出している名門だ。

 今大会は開校後初の本大会出場となったが、天才MF小野伸二(現コンサドーレ札幌)が着用していたエースナンバー「8」を背負う主将FW白井海斗(3年)が大会直前に左肘を負傷。最後の2、3週間はリカバリーに時間を注いだこともあり、万全の状態で迎えることは叶わなかった。

 それでも0-0の後半8分、相手を攻めあぐねている状況が続く中、ベンチスタートとなっていた白井に声がかかった。タッチライン際に立った際、大きく深呼吸すると、交代選手と抱擁を交わし、勢いよくピッチに駆け出していった。

運命のPK戦、白井は4人目のキッカーに

 左腕を動かせない中での戦いは当然、苦戦を強いられた。相手選手を背負うことが難しく、プレーの幅はぐっと狭まっていた。それでもフィジカルコンタクトを許さない瞬発力で守備陣を交わしチャンスを演出するなど、エースの風格を随所で発揮してみせた。

 その後、1点ずつを奪い合った両校は互いに譲らずPK戦へと突入。白井は4人目のキッカーとしてペナルティーエリアに向かった。助走に間を入れてタイミングをずらす。しかし、シュートは相手GKの好セーブに遭い、両チームで初の失敗となった。

 頭を抱え、うなだれながら引き返す白井。しかし、彼の戻る先で待っていたチームメートは、笑顔を浮かべていた。頭をポンと叩き、肩を組んで白井を迎え入れた。

 最終的に高川学園は5人全員が成功し、2回戦に進出。清水桜が丘は無念の敗退となった。あと一歩で競り負けるという悔しさの残る展開。しかし敗戦後、白井以外、ピッチに泣き崩れる選手はいなかった。悔し涙を流す白井を、チームメートたちは気丈に振る舞いながら励まし続けた。PKを失敗した主将に対し、誰一人落ち込む姿を見せようとはしなかった。

「今度は自分たちが『大丈夫だよ』迎え入れる番」

「外したのが海斗だったから。怪我で苦しい時間を過ごしていたのはみんなわかっていたし、今までずっと誰よりも練習して努力する姿を、みんな見てきた。みんな、海斗を尊敬している。だから、あいつが外してしまうなら、それはもう仕方のないこと。全員が一番素直に受け止められる終わり方だったと思います」

 この日同点弾を決めたMF松下祐也(3年)は、PK戦による敗退を清々しい表情でそう振り返った。「悔しいのは悔しい。けど、そんな感情より海斗に対して『ありがとう』の気持ちの方がずっと強いから」。そう語った松下は、自身の失敗を引き合いに出した。

「僕も実は今年のインターハイ予選でPKを外してしまい、負けてしまったんです。その時、海斗は僕を笑顔で迎え入れてくれて、『PKなんて外しても大丈夫だ』と言ってくれた。本当に頼れる存在。だから、今度は自分たちがそんなキャプテンを『大丈夫だよ』迎え入れる番です」

 白井本人は試合後、「怪我で後半からしか出られず、それでPKも外してしまって……、チームに貢献できなかった」と肩を落としていたが、これまで多くの代表選手を育て上げてきた大滝雅良監督も「エースが怪我をして、エースがPKを外した。ということは、これが我々のベストゲームだったということ」と話し、主将としてチームを率いた白井に絶大な信頼感を示した。

 白井がいたからここまで来ることができた――。それは応援席だけの声ではない。チームメート、監督も同じように抱いている想いだった。だからこそ、PKを外した失意のエースを、彼らは笑顔で迎え入れたのだった。(THE ANSWER編集部)