【第68回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】演歌歌手の三山ひろしが、総勢124人がけん玉を連続して大皿に載せていくギネス記録に挑戦。惜しく成功には至らなかったが、歌唱を終えた三山はしっかりと載せて決めた。

 三山はこの日、「男の流儀 〜けん玉世界記録への道〜」を歌った。昨年に引き続き、けん玉を使用した演出。けん玉を得意とするDJ KOOを含めた総勢124人によるけん玉のギネス挑戦に。

 この日におこなわれたリハーサルでは122人まで成功していたが、本番では緊張もあって2人が失敗、惜しくも成功に至らなかった。悔しさが残るものの三山本人はしっかりと決めてガッツポーズ、その瞬間歓声が上がり、挽回した。

三山ひろし、リハのもよう
三山ひろし、リハのもよう
三山ひろし、リハのもよう