【特集】Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も残念なクルマ」【Part 2】

【ギャラリー】2016 Toyota Prius: First Drive25


Jeremy Korzeniewski :トヨタ プリウス
クルマ好きにとって、トヨタのハイブリッドカー、プリウスをからかうことは簡単だ。しかし、今年乗ってみて感じたつまらなさやルックスの醜さが、私がプリウスを残念なクルマに選んだ理由ではない。私が残念に感じた理由は、いかなる点においてもプラグイン・ハイブリッドの兄弟車「プリウス プライム」(日本名:プリウスPHV)より劣るからである。

そこに込められた技術と効率性を考えれば、2万4,685ドル(約280万円)からという価格はそれほど高くはない。しかし、プライムより2,415ドル(約27万円)安いだけで、プライムは(今なら)最大4,500ドル(約51万円)の連邦税額控除が受けられる。これを考慮すると、電気のみで約40kmの距離を走ることができ、少しでも多くのドライビング・ダイナミクスが感じられ、よりルックスの魅力的なプライムの方を選ぶのではないだろうか。

ただし、シボレー「Volt(ボルト)」はプリウス プライムより高価格だが、電気のみでプライムの倍以上の距離を走ることができる。さらにいえば、シボレー「ボルト(Bolt)」やテスラ「モデル3」といったリーズナブルな価格の電気自動車が続々と登場しつつある今、2018年はそちらの方が主流になる可能性も高い。賢い選択をしていただきたいと思う。

■関連記事
【試乗記】「新型プリウス」ならもっと遠くへ、走りを楽しむためだけに乗り出せる!:今井優杏

【ギャラリー】2017 Nissan Rogue Sport: First Drive30


Joel Stocksdale :日産 ローグ スポーツ
昨年に引き続き、今年も日産車が私にとって最も残念だったクルマの称号を得た。2017年に私の怒りを買ったのは、どこを取っても全く面白みのないクロスオーバー、「ローグ スポーツ」(日本で販売されている「エクストレイル」の兄弟車)だ。パワー不足のエンジン、軽すぎて感覚に乏しいステアリング、とてつもなく平凡なパッケージングに搭載された平均値以下の機械構造。より魅力的で興味を惹く4輪駆動のスバル「XV 」や、パワフルなジープ「レネゲード」、フィアット「500X」など、特徴に富んだクルマがひしめく競争の激しいセグメントで、このクルマは勝負にならない。荷室の広さや手頃な価格が特徴とも言えるが、ホンダ「ヴェゼル」は荷室の広さと価格がローグ スポーツとほぼ同じである上に、燃費効率に優れ、「フィット」と同じ気の効いた跳ね上げ式シートも備えている。単純にローグ スポーツは運転して楽しくない上に、特別なことが何もないクルマだ。

■関連記事
【北米国際オートショー】日産、欧州で人気の高い「キャシュカイ」を「ローグ スポーツ」という名前で米国に導入

By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も残念なクルマ」【Part 3】
Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も残念なクルマ」【Part 1】

Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も素晴らしいクルマ」【Part 1】
Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も素晴らしいクルマ」【Part 2】
Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も素晴らしいクルマ」【Part 3】
Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も素晴らしいクルマ」【Part 4】