【第68回NHK紅白歌合戦、29日、リハーサル1日目、NHKホール】音合わせの合間には、出場歌手による囲み取材がおこなわれた。丘みどりは初出場で「佐渡の夕笛」を歌う。  

 紅白のステージに向けて自宅で練習しているという丘。「家で練習しているだけでも泣きそうになって。改めてステージに出れるんだという実感を受けました」とリハーサルを終えて語る。

 家族も応援に駆け付けてくれると話す。「緊張しても仕方ないから一生に一回のステージだから楽しんで」とアドバイスを受けたと言う。紅白のステージについて「また違った緊張感というか、張り詰めた空気感を感じました」とコメント。  

 2005年にデビューし、紆余曲折の中ファンも待ちに待った紅白出場となる。丘は「見て下さる方もきっと頑張ったな、と思ってくれるんだろうなと思います」とファンの想いについても語った。  

 亡くなった母親についても「『しっかりと歌いなさい』と言ってくれると思います」と想いを述べた。  2016年6月に地元の姫路市観光大使に任命された丘。「たくさんお祝いのメッセージをもらって駅の前も横断幕があって盛り上がっています」と地元からの声援も熱い。