【第68回NHK紅白歌合戦、29日、リハーサル1日目、NHKホール】音合わせの合間には、出場歌手による囲み取材がおこなわれた。3回目のAIは渡辺直美とのコラボAI×渡辺直美で「キラキラ」を歌唱する。

 音合わせを終え、AIは「もう楽しすぎて、リハとか笑い過ぎてちょっと歌えなくなりそうだったので、見てるようで見ないように目線をちょっとずらして本番は行こうかなと(笑)」と渡辺に笑いのツボを押さえられている様子。

 今回の共演について渡辺は「それこそ、昨年の『楽屋トーク』(紅白の企画)でAIさんに来ていただいた時に何かできたらいいね、と言って縁があって。AIさんのおかげで紅白で歌わせて頂けるということで…めちゃくちゃ緊張しているんですけど、AIさんが横にいてくれているお陰でなんとか本番までに調整します」と語る。

 AIはミュージシャンとしての渡辺について「一応、まじで歌っているものを検索させて頂いて、上手い、いけるなと思って。それで、レコーディングした時にすごく上手かったのでびっくりしました。一緒に出来てすごく楽しかったです。モノマネもできて歌も上手いのかと」と絶賛。渡辺は「嬉しいです。褒め上手なんです、褒めて伸ばすタイプですね」と照れ笑い。

 海外でのステージにも立つなど、数多くのステージに立ってきた渡辺。紅白のステージでリハを終え、「異常空間というか…数々のアーティストが立ってきた舞台だし、一芸人が、しかも歌を歌うというのはしっかり表現していかないといけないなと思います」と特別な空間であることを実感したようだ。

 AIは今年を振り返り「子どもも2歳になって凄くウロチョロするので、それを追いかけまわしながらツアーも回って。母親の大変さも実感しました。渡辺さんとも共演できて締めくくれるので嬉しいです」と語った。

 来年の抱負について渡辺は「寂しいので結婚とはいかなくても、彼氏くらいは欲しいですね。芸も広がると思いますし」と述べ、恋愛に積極的になることを誓った。

 今年最後の紅白出場となる安室奈美恵とコラボしたこともある、AIは「会うことも久しぶりなので全身全霊のエールを送りたい」と最後の紅白を迎える安室への想いを語った。