「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月にタイで起きた抱腹絶倒の“史上最遅PK弾”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月に海外サッカーで起きた「笑撃の“8秒遅れのPKゴール”」。PK戦で一度はシュートが外れたはずなのに、GKが喜んでいる間にゴールネットを揺れるという仰天ゴールが発生。二度見必至の決定的瞬間を海外メディアが動画付きで紹介すると、ファンは「これは罠?」「不幸だけど、こいつは面白い」「すごくおバカ」と抱腹絶倒となり、世界で反響を呼んだ。

 作り物のコントよりもおもしろい。なぜ、こんなゴールが生まれたのか。笑撃のPKシーンを紹介したのは、米「FOXスポーツ」アジア版の公式インスタグラムだった。タイ在住の一般男性がフェイスブックに投稿した動画を引用した映像は、同国の試合は国内カップ戦の準決勝PK戦、バンコク・スポーツ・クラブとサトリ・アーントーンの模様だ。

 エリアサイド側のバックスタンドから撮られた映像では、青のユニホームを着たバンコク・スポーツ・クラブの選手がキッカーに立っている。そして、主審の笛が鳴ると、狙いすまして左足を振り抜いた。ボールはサトリ・アーントーンGKの逆を突いたが、クロスバーに当たってしまった。

 その場で呆然とするキッカー。歓喜に沸いたGKは起き上がって大喜びで飛び跳ねながら、ペナルティエリアを飛び出し、仲間へ向かって感情を爆発させた。ところが――。ドラマは急展開を迎える。

 クロスバーに当たったボールは跳ね返って高々と舞い上がっていた。そして、ボールはペナルティスポットに戻ってくるようにしてバウンド。その様子を見届け、キッカーは膝に手をつき、肩を落とした。しかし、だ。ボールにバックスピンがかかり、次の瞬間、ゴールに向かって弾んだ。

笑撃の結末に世界で大反響…英BBC「これ以上に滑稽なPK見たことある?」

 すでにGKはペナルティエリアを飛び出していた。キッカーもうつむき、視線を落としたままで気づいていない。そこから、2回、3回とバウンドし、ゴールに向かっていく。まさか――。スタジアムに「オイ!」「オイ!」と異変を察知した声が響き渡る。すると、キッカーも視線を上げて気づき、思わずボールを指さした。

 なんとボールはゴールラインを越えていったのだ。一瞬遅れて気づいたGKも慌てて戻ったが、間に合わず。一部始終を見守っていた審判は冷静に笛を吹き、ゴールをコールした。今度はキッカーが大喜び。天を仰ぎ、まるで会心のゴールが決まったかのようにピッチに両膝をつき、両拳を握って歓喜に酔いしれていた。

 クロスバーを叩いてからゴールラインを割るまで、8秒かかっていた。“PK史上最遅”ゴールに当然、GKは呆然。スタジアムは騒然とした空気に。その一部始終について、FOXスポーツアジア版は「ペナルティーキックでは決して早すぎる祝福をしてはならない」と紹介すると、映像を見たファンに笑撃が広がっていた。

「プスカシュ賞ノミネートだ」「ひどいな」「不幸だけど、こいつは面白い」「すごくおバカ」「これは罠と言っていいのかな?」と声が続々と上がった。しかも、驚くべきことに、これは19-19で迎えた場面。権威ある英公共放送BBCは「万が一、PKを外してしまったとしよう。誰かこれ以上に滑稽なPKを見たことがあるかい?」と伝えるなど、海外メディアも大反響を呼んだ。

 一瞬にして決着してしまうPK。Jリーグ、日本代表でも当然、多くある。しかし、最後まで何が起こるかわからない。サッカーの基本を、身につまされるゴールとなった。(THE ANSWER編集部)