福岡、シャペコエンセの10番が完全移籍加入! ル・マン時代に松井大輔ともプレー

写真拡大

▽アビスパ福岡は31日、シャペコエンセに所属するFWトゥーリオ・デ・メロ(32)の完全移籍加入を発表した。

▽アトレチコ・ミネイロ下部組織出身のデ・メロは、これまでル・マンやバレルモ、リール、エビアン、バジャドリード、スポルチ・レシフェでプレー。リール時代の2010-11シーズンにリーグ・アンとクープ・ドゥ・フランスの2冠を経験した。

▽2017年からシャペコエンセでプレー。2017シーズンは背番号10を背負い、公式戦33試合9ゴールをマークした。2005〜2008年まで在籍したル・マン時代に元日本代表MF松井大輔とチームメートだったデ・メロは、福岡の公式サイトで次のようにコメントしている。

「アビスパでプレーすることになり本当に幸せです。アビスパのユニホームに袖を通し、自分にできる全てを捧げることができる喜びを感じています。一日も早く仲間たちと一緒にピッチに立ち、目標達成に向けて戦いたいです」