尾川堅一に敗れ、初のタイトル奪取を逃したファーマー【写真 : Ed Diller/DiBella Entertainment】

写真拡大

判定負けから3週間、未だ収まらず「『判定を盗まれた』という形容がぴったり」

 今年の日本ボクシング界では多くのハイライトが生まれたが、12月9日に尾川堅一(帝拳)が成し遂げたアメリカでの世界奪取も間違いなく、その中に含まれるはずだ。

 ラスベガスのマンダレイベイ・リゾート&カジノ内にあるイベンツセンターで、尾川はテビン・ファーマー(米国)とのIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦に判定勝ち。アメリカでの世界王座奪取は、日本人としては1981年以来、史上5人目のことだった。試合自体も好打を応酬し合うなかなかの好ファイトで、ベガスの大舞台で尾川が存在感を示したことは快挙だったと言っていい。

 ただ、収まりがついていない選手がいる。戦前は絶対有利と目されながら、初のタイトル奪取が果たせなかった27歳のファーマーだ。

「俺がファイトを支配していたと思う。12ラウンド中の9回か、少なくとも8回は取っていたはず。『判定を盗まれた』という形容がぴったり。どんなに相手に甘く採点したところで、あの試合で尾川が12ラウンド中7ラウンドを取ったとは考えられない」

 12月28日、電話インタビューに応じたファーマーはそうまくし立てた。

 2-1(116-112、115-113、112-116)の“スプリット・ディシジョン”という判定結果が示す通り、実際にタイトル戦は紙一重の大接戦だった。米国内で試合中継したHBOの非公式ジャッジをはじめ、ファーマーが勝っていたと見た関係者が少なからず存在したのは事実。ただ、際どいラウンドが多く、どちらが優勢だったかは意見が分かれるにせよ、“いずれかが支配していた”と言えるような内容には思えなかった。

 筆者も後に映像を見直したが、得意の右ストレートを丹念に繰り出し続けた尾川の勝利で特に問題はないと考えた。クロスファイトの際には互いが勝利を主張するのはこのスポーツの常。しかし、今回の試合内容で、“9ラウンドは取っていた”というファーマーのセルフ・ジャッジは少々甘すぎる感は否めない。

来年再戦を要求「今すぐにでもリマッチがしたい。日本に行っても構わない」

「もっとアグレッシブに行くべきだったとは思わない。ファイトが本当に接戦で、僅かに及ばなかったとしたら『もっと手を出すべきだった』『山場を作るべきだった』と考えただろう。ただ、俺たちの試合ははそういう内容じゃなかった」

 ファーマーはそう述べたが、同じように感じた関係者がどれだけいただろうか。2000年以降は18連勝で初のタイトル戦に辿り着いたサウスポーは、確かなスキルを持った実力者ではあるが、やはりパワーと決め手に欠ける。初の世界タイトル挑戦まで30戦を要したのは、そのアピール不足によるところが大きかった。そして、尾川とのファイトでもその印象は大きくは変わらなかった。

「すぐにでもリマッチがしたい。即座の再戦が行われるべきだと思う。来年に再び尾川と対戦し、今度こそタイトルを勝ち取りたい。まずはIBFの判断を待ち、ダイレクトで再戦ができるなら日本に行っても構わない」

 筆者とのインタビューの最後に、ファーマーはほとんど嘆願するような口調でそう述べた。しかし、アメリカ国内での商品価値も高いとは言えないファーマーに、尾川サイドが早期リマッチの機会を与える可能性は高いとは言えないのではないか。だとすれば、世界戦を再び実現させるには、今後も勝ち続けて地道にランキングを上げ、指名戦を待つ覚悟が必要になってくるかもしれない。

 4月に右腕二頭筋を痛めてブランクを作り、7月には銃撃事件に巻き込まれて右手を痛めるなど、2017年のファーマーは波乱の日々を過ごした。その1年の最後についに巡ってきた世界タイトル戦で、無念の判定負け。尾川の栄光の影で、アメリカの苦労人はもうしばらく雌伏の時を過ごすことになりそうだ。(杉浦大介 / Daisuke Sugiura)

杉浦大介
1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。