トークショーで決めポーズを披露する武藤敬司(撮影・田中太一)

写真拡大

 「クイーンズクライマックス・プレミアムG1」(31日、大村)

 プロレスラーの武藤敬司(55)が10R発売中にトークショーを行った。五島列島の五島市ふるさと大使を務めるなど、長崎とは縁のある武藤だが、大村ボートを訪れたのは初めて。「(ボートレース場は)神無月と一緒にイベントでからつ、びわこ、三国は行ったことがあるけどね。いつもは神無月が全部やってくれるので、一人のトークショーだと一生懸命働かなきゃいけない」と絶妙なトークで会場を笑わせていた。

 舟券の買い方を聞かれると「本命党。大村は1番(1号艇)が強いと聞いたし、1番の選手(遠藤エミ)もいいと聞いたので1から買います。あと容姿重視で選ぶ。3番の長嶋(万記)がかわいいね。だから1から3かな。でも、プロレスと言えばアントニオ猪木。“1・2・3ダァー”だから(1)(2)(3)で決まるんじゃないかな」と勝負舟券を公開した。