「有明も最後」―伊達公子、とんねるずの前で感慨深げに最後の引退宣言【動画】

写真拡大 (全2枚)

とんねるずがトップアスリートたちと激闘を繰り広げる恒例の番組『夢対決2018とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』。

1月2日(火)に放送される同番組の「テニス対決」には、日本テニス界のレジェンド、伊達公子と松岡修造がペアを組んで登場する!

©テレビ朝日

今回の対決の舞台は、2020年東京オリンピックに向けての改修工事が始まる聖地・有明コロシアム。同地でのテニスの開催はこれが最後ということで、伊達と松岡は特別な気持ちを持って番組に臨んだ。

◆伊達公子、「完全引退」宣言

有明コロシアムといえば、1996年に行われたフェドカップの“伊達公子VSシュティフィ・グラフ戦”。伝説として語り継がれるこの試合のとき、日の丸を振って伊達に声援を送っていたのは松岡修造だった。

そんな思い出の詰まった場所での今回の一戦。

2017年9月の「ジャパンウイメンズオープンテニス」を最後に2度目の現役引退をした伊達だが、有明コロシアムでのプレーに感極まったのか、とんねるずの前で「引退、これで。完全引退。有明も最後」と本当に最後の引退宣言をする。

『スポーツ王』のテニス史上初めて3時間を超える熱戦となった伊達公子の“本当の”引退試合。絶対に見逃せない!