30日、中国の北京と山東地域から韓国への団体旅行が再開されるという。資料写真。

写真拡大

2017年12月30日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、中国の北京と山東地域から韓国への団体旅行が再開されると伝えている。

記事によると、北京市と山東省の観光当局は28日と29日にそれぞれ、主な旅行会社に対し、今月20日から禁止していた韓国への団体旅行を再び許可する方針を口頭で伝えたという。

ただ、クルーズ船やチャーター便の就航禁止、インターネットでの集客禁止、ロッテホテルでの宿泊やロッテ免税店でのショッピングの禁止のいわゆる「三禁措置」は継続されるという。

報道によると、中国は今年に入り、米軍による韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復措置として、韓国への団体旅行を禁止した。先月末には北京市と山東省に限り解除が伝えられたが、今月20日に再び禁止されたという。(翻訳・編集/柳川)